「 戦略・策謀・計略 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
ナイル自身の自然の力によって堤防が完成したのであった  第 2,267 号

ナイル自身の自然の力によって堤防が完成したのであった 第 2,267 号

 微笑むモナ・リザの背景に流れる川はどこに 向かうのか。地形・気象と関わる社会インフ ラに目を潜めつつ、興味深い謎を解き明か していく。張出しテラスという遊び心は、 フーバーダムの価値を間違いなく高めている。  この遊び心によって、文明の下部構造のフー バーダムは、全米の人々から愛される国家 的遺産となった。今も、フーバーダム に訪れる観光客は途切れることはない。  何時...

続きを読む

人に会っている数です.誰よりも人に会う  第 2,264 号

人に会っている数です.誰よりも人に会う 第 2,264 号

プルデンシャル生命保険で 前人未到の営業成績を上げ、 世界の生保営業パーソンの 上位0.01%に到達。 個人の営業マンとしては伝説的な 数字をつくった金沢景敏さん。 金沢さんはいかにして 世界のトップになったのでしょうか。 あらゆる分野に通じる営業、 仕事の極意を語っていただきました。 ★最新号「努力にまさる天才なし」には、 金沢さんがご登場! 記事詳細はこちら  ...

続きを読む

統計数字はウソをつかないが.それを使う人はよくウソをつく  第 2,261 号

統計数字はウソをつかないが.それを使う人はよくウソをつく 第 2,261 号

 「統計数字はウソをつかない」とよくいわれ ます。逆に「統計数字にダマされるな」とも いわれます。一体どちらが本当なのでしょうか。  統計はかならず学んでおくべき。どんな分野の 学問や仕事でも統計学は役に立つので、ぜひ 学んでおくべきだということ。統計や確率 を学ぶことで数字の扱い方や単位のとり 方に慣れ、数字に対するリテラシーが身に付く。  統計の目的とは何か。 1.人...

続きを読む

内実は辛抱・我慢・忍耐の三文字がふさわしい地味な世界だ  第 2,258 号

内実は辛抱・我慢・忍耐の三文字がふさわしい地味な世界だ 第 2,258 号

 ♠女性捜査員は平凡で目立ない容姿 ♣JR 大塚駅は尾行を撒くのに最適の駅 ♦街中 ではサンドイッチマンや看板持ちに変装  ♥風俗好きの外国人スパイと仲良くな るため、同じ風俗店の常連に ♠0 07のような秘密兵器も ♥仲間 由紀恵似の美女で、ハニート ラップを仕掛けてくる中国  ♣最...

続きを読む

宇宙ビジネスの発展は.地上の生活やビジネスを元気にする  第 2,254 号

宇宙ビジネスの発展は.地上の生活やビジネスを元気にする 第 2,254 号

 渡瀬裕哉による政府への提言書、まずは規制 をやめなさい、そして税金をさげなさい。  地ビールは規制緩和の成功例なり。ただ、 販売量の伸びている酒類には、増税 が頻繁に行われている。  市場には、問題を解決する力がある。世の中に ピンチがあれば、それに対して民間は 新しいビジネスをつくる。  民間の経営努力を評価し、伸ばしていくほうが、 最終的に問題の解決につながる。...

続きを読む

生き残っていくためには記憶力が死活的に重要になる  第 2,227 号

生き残っていくためには記憶力が死活的に重要になる 第 2,227 号

 異能の外交官が初めて公開する「インテリジェ ンス」の技法。この「情報工学」を官僚だけに 独占させておく手はない、ビジネスマン必読。  『国家の罠』などのベストセラーを持つ佐藤優 氏による“初のインテリジェンス指南書”。世界 のインテリジェンス哲学・技法から、スパイ は「酒・金・セックス」を使ってどのよう に標的を籠絡するかまでを伝授。  新聞は漫然と読むのではなく、メモや...

続きを読む

イギリスという国は古くてしかも新しい国である  第 2,225 号

イギリスという国は古くてしかも新しい国である 第 2,225 号

 イギリスの急激な変貌をふまえつつ、先史時代 から現代に至るイギリス史の流れを伝統的史観 の枠組みをこえて再構成しようとする、的確 なイギリス理解に欠かせない最新の知見を 第一線の研究者がコンパクトにまとめた。  まず、イギリスは何であったかをふりかえる。 開国・維新以来の日本人にとって、イギリス は何よりも世界最大の海軍力を擁し、欧米 列強の先頭に進出してきた強大な軍事勢 ...

続きを読む

長年.日本は写真であれ文書であれなんであれ.断片的な情報を注意深く集めている  第 2,223 号

長年.日本は写真であれ文書であれなんであれ.断片的な情報を注意深く集めている 第 2,223 号

 潜み、企み、謀る!人類の権謀術策を ここに集成。  ブリテン諸島の歴史には、諜報活動や秘密活動 という大いなる遺産がある。強く独立を求める 島の民族である英国人は、フェアプレイと 寛容、言論の自由という伝統に誇りを 持っている。しかし矛盾している ようだが、この同じ民族には、 「卑劣な手段」を取る傾向が見られるのだ。  アメリカ独立戦争の植民地軍最高司令官として、 ま...

続きを読む

日本人はアメリカ政治について知らないことが多い  第 2,215 号

日本人はアメリカ政治について知らないことが多い 第 2,215 号

 アメリカの「保守主義者」たちがリベラル派 といかに戦い、政治の主導権を奪還したのか、 その経緯が詳しく描かれた本書は、「保守 主義者」たちの運動のバイブルなのだ。  同時に減税、規制改革、そして民間シンクタ ンクがなぜ重要なのかを解き明かした政治 入門書でもある。一読すれば、恐らく これまでとは全く違った政治との かかわり方が見えてくるはずだ。  アメリカは、世界最大の...

続きを読む

「減税実現」するには有権者が束になって動くことが大事  第 2,214 号

「減税実現」するには有権者が束になって動くことが大事 第 2,214 号

 日本は世界に先駆けて少子高齢化が進み、財政 状況も悪化。社会保障費は増え、自然災害も 毎年のように日本を襲う。であれば「増税 はやむなし」なのか? 規制と税金に 苦しむ日本が打つべき手とは?   俊英の政治アナリストが、私たちに 刷り込まれた「洗脳」を解く。  「談合とヤラセ」が、規制と増税をもた らす。日本の政治経済の本質。  日本の再生には、減税と規制廃止が不可...

続きを読む

スポンサードリンク