まず自分が生きていることへの感謝の心を持つ 第 2,069 号

京セラやKDDIを創業し、それぞれ1.5兆円、
4.9兆円を超える大企業に育て上げ、
経営破綻したJALを僅か2年8か月で
再上場へと導いた稲盛和夫さん。

まさに人生を経営に懸けてきた稲盛さんが
「人は何のために生きるのか」をテーマに、
致知出版社主催の講演会で語られた貴重な
お話を抜粋してお届けします。


人生を発展繁栄に道ぶく教えが満載。
稲盛哲学のエッセンスが詰まった
最新号「稲盛和夫に学ぶ人間学」。
大注目のラインナップはこちら
 

───────────────────

〈稲盛〉
皆さんの中で仏教を信じていらっしゃる方は多い
と思います。お釈迦様は、生きていく人間にとっ
一番大事なことは利他の心であると説きました。


お釈迦様の心の神髄とは、慈悲の心です。
思いやりを持った慈しみの心、
それがお釈迦様の心の神髄であります。 

この心は、他のものを少しでも助けてあげよう、
よくしてあげようと思う心です。
そうした心を持って生きていくことこそが
人生の目的なのではないか。


つまり、利他の行為を行うことが、人間に
とって、まず一番に大事なことだと思うのです。 

この利他の心の対極にあるのは、利己の心です。
自分だけよければいい、という心です。


このような利己の心を離れて、利他の心で人様
をよくしてあげようという心で人生を生きていく。


それが生きる目的だと私は思っているのですが、
実は、これは口で言うほど簡単ではありません。 

利他の心を持って人様に美しい思いやりの心で
接しようという考えで人生を生きていこうと
思えば、まず、現在生きていることに感謝をする
という心が起こってこなければいけません。


次に、そのような感謝の心が芽生えてきますと、
自然と自分自身がどんな環境にあっても
幸せだと思える心になっていくはずです。

「いや、私は決して幸せではありません。
大変不幸な人生を生きています」

とおっしゃる方もおられるかもしれませんが、
この世の中を見渡せば、
そういう方よりももっと不幸な境遇の人も
たくさんおられるはずです。


そう考えれば、親兄弟が一緒にいられるだけ
でも幸せではないかという感謝の念が湧いて
くるはずです。


つまり、どんな境遇であれ、心のあり方に
よって幸せはそれぞれに感じられるもの
なのです。

そう感じるようになるためにも、まず最初に、
現在こうして生きているだけでも幸せだという
感謝の念が起こってくることが大事なのです。 

そのようにして自分が幸せだと思えるように
なってきますと、その次には当然、他の人にも
親切にしてあげたいという思いやりの心が
生まれてくると思います。

またそういう心が起こってこなければいけ
ないのです。


したがって、利他の心を持つためには、
まず自分が生きていることへの感謝の心
持たなくてはならないというわけなのです。



人生・仕事の要諦がぎっしり詰まった
最新号「稲盛和夫に学ぶ人間学」の
豪華ラインナップはこちら
 

 今回も最後までお読みくださり、

   ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください