着実に筋力が回復してきたのを自覚できた 第 2,250 号

こんにちは、

人類健康化の水先案内人

岡田宰治です。

前回は「霜降り肉の減らし方」でした。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12700374625.html

筋肉の中にある脂肪は霜降りとなって、

太くなるだけではなく筋力も落とすという内容でした。

今回は「81歳でも「若返り筋」は復活する」です。

  • 図入りはこちら

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12701707000.html

————————————–

『歩行整体』とは、

三本の矢による、

回復から若返りまでの整体システム。

第一の矢(回復)潤滑整復術

第二の矢(補強)若返り筋メソッド

第三の矢(自立)若返り筋ウォーキング

現在、これらの見える化を図っています。

『若返り筋メソッド』電子本・単行本・アマゾンで発売中!

————————————–

(81歳でも「若返り筋」は復活する)

今回は、Aさん(81歳女性)の変化について、

ケガから現在までの経過を通じて、

運動の大切さをお伝えしたいと思います。

・圧迫骨折で悪化した腰痛

Aさんは19年の秋、

雨の中、下り坂を自転車運転中にスリップし

転倒した際に腰椎を圧迫骨折にて変形し、

以後は腰痛に悩まされていました。

病院では安静を指示されましたが、

日常生活に支障を来すレベルだったので、

往診を依頼され鍼灸を中心とした施術を行いました。

事故前にも腰痛はあったので、

定期的に来院されていましたが、

疲れると腰が痛むといった程度でした。

それが第4腰椎の圧迫骨折により、

腰が丸くなり動作時に痛んで、

苦痛で精神的にも落ち込んだ日々が続いたようです。

事故から2ヶ月後には来院可能となりましたが、

潤滑整復術と鍼灸による治療は続きました。

そして、20年の夏には、

痛みが軽減してきたので、

このままだと身体が弱ってしまうことを伝え、

トレーニングの必要性をアドバイスしました。

・痛みの中トレーニング開始

トレーニングはパーソナルトレーニングですが、

初めは本格的なものではなく、

治療半分トレーニング半分という感じでした。

その程度であってもトレーニング翌日は、

痛くて気が滅入ったということで、

1週間に1回のトレーニングも滞りがちで、

結局、月に2回程度の状態が続きました。

そんなペースなので、

あまり効果は上がりませんでしたが、

Aさんは諦めたわけではありませんでした。

「せめてもとの状態までは回復させたい」

という意思はハッキリしていたので、

こちらもペース配分に配慮しながらも、

トレーニングを続けることができました。

そんな状況に変化が現れたのは21年の春頃からで、

この頃から週1回のペースで、

キッチリトレーニングができるようになってきました。

腰痛がさらに軽減してきたことと、

着実に筋力が回復してきたのを自覚できたからです。

————————————–

プライベートやブログに書けないことはメルマガで。

【岡田さいじの公式メルマガ】

https://www.reservestock.jp/subscribe/83936

————————————–

・若返り筋の再生

はじめは辛かったトレーニングですが、

若返り筋(インナーマッスル)の再生に重点を置いた結果、

いまでは、背筋が伸びるようになりました。

痛くてトレーニングを休止していた時期もありますが、

治療だけでは一時的には痛みが軽減するものの、

身体は弱っていく一方で先行き不安でした。

ここからさらに回復させるためには、

若返り筋の再生が絶対に必要、

「若返り筋が復活すれば身体は楽になり元気になる」

このことを繰り返しお伝えしました。

そうはいっても、

一時は背中がすぐに曲がってしまい、

伸ばすと痛い時期もありましたが、

若返り筋の筋力が復活していくにつれ改善し、

背筋が伸びて自由に動けるようになったのです。

圧迫骨折後の痛みで不自由なAさんのようなケースは、

とてもトレーニングが出来る状態では無いのですが、

「若返り筋メソッド」によるトレーニングは、

このようなケースでも行うことが可能です。

なぜなら、

従来の筋トレのように負荷がかかると痛むことなく、

ゆっくりとしたリズムの楽なトレーニングだからです。

そのコツは筋肉の使い方にあり、

ここが従来の筋トレと大きく違います。

圧迫骨折で腰が曲り痛くて不自由な、

80代の女性でもできるのですから、

筋力が弱く身体に不安があったとしても、

たいていの人が筋トレできるわけです。

とはいえ、

理想は40~50代ぐらいから始めることです。

スマホやパソコンを多用する現代人、

特に中年以上の女性の9割は、

猫背、巻き肩、前のめり首を併せもっており、

最近はそれがさらに低年齢化しています。

もちろん姿勢が悪くなっているのが原因ですが、

姿勢が悪くなると同時に進行するのが、

じつは若返り筋の筋力低下なのです。

ですから、

若返り筋の再生、補強は、

歩行と並んで現代人にとって一番必要な運動といえます。

こういう中身だからこそ、

若返り筋メソッドは、

健康寿命を伸ばし生涯現役を支援できると叫んでいるのです。

このミッションを果たせる人達が、

若返り筋メソッド認定トレーナーです。

高齢化社会で介護にかかる人を減らすため、

最後までだれかの役に立つ生涯現役のために、

絶対必要な人材は、

健康寿命を伸ばすトレーナーでもある、

若返り筋メソッド認定トレーナーだと確信しています。

毎月、認定トレーナーの皆様とともに、

Zoomによる無料セミナーを行っています。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12124729178.html

※「若返り筋メソッド」認定制度について

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12128671549.html

———————————

若返り筋メソッド座学&実習(少人数制)

セミナーの日程は↓から

https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/21054

『10年後の常識!健康のツボ』

第753号 2021年10月5日

発行者 健康水先案内人/岡田宰治

公式サイト http://ameblo.jp/baffaro7

人類健康化の水先案内人/岡田さいじ

さんのブログより転載許可を得て掲載

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください