独立した個人こそが国家を支える基盤となるという考え方 第 2,279 号

孔子はある時、弟子から「知とは何ですか」と
いう質問を受けます。その答えは、いかにも
人間通である孔子らしいものでした。

以下は、『論語』を分かりやすく説くことで
定評がある、作家で元高校教師の佐久協氏の
お話の一部です。

(『致知』2011年12月号 

        特集『孔子の人間学」より)

───────────────────

(佐久)

(一説に孔子の弟子の数は)
門弟3千人ともいわれていましたね。
実際に3千人いたかどうかは分かりませんが、
名前は相当通っていたでしょう。
意外といえば意外ですが、孔子はそこで、
いまのハローワークみたいな活動を一所懸命
やっていました。

自分の思想に基づいて人を育て、その就職斡旋
通じて自分の思想を広めていこうと。
それができるという自信があったのでしょう。

有名な、
「逝く者はかくのごときか。昼夜を舎めず」 
という言葉は、
最晩年の嘆きというのが一般的な解釈ですが、
そういう嘆きは孔子に相応しくない。

すべては川の流れのように滔々と未来に
向けて受け継がれてゆくものだ、と未来への
希望を述べたものという解釈もあります。

私もここには、そんな肯定的な
気持ちが含まれていると思います。
そのことと関係すると思うんですが、
孔子は弟子から知とは何かと聞かれて、
人を知ることだと答えています。

孔子は人間を知るということを一つの人生
の目的にしていたのではないでしょうか。

これはぜひとも見習うべき生き方だし、
特に若い人には心に刻んでほしいですね。

会社に入って、ただ面白くないと愚痴っている
のではなく、周りをよく眺めて、自分を苛める
やつは何で苛めているのか、どんな苛め方を
するのか、自分という人間がどう認識されて
いるか、そういうことを研究してみなさい。

それを孔子はやっているから、そういう読み方
をすると『論語』は面白いよと指導すると、
若い人も興味を持って読みます。

私は孔子と福沢諭吉がよく似ていると思うんです。
私のような戦後教育で育った西洋的な感覚を
持った人間は、個人と社会を対立させて捉えて
しまいがちで、一人で頑張ったって世の中は
変えられないという意識を強く持っているんです

けれども孔子も福沢も、
個人が世の中を変えられると信じていました。
孔子は、「人能く道を弘む。
道の人を弘むにあらざるなり」と説いています。

人が道を弘めるのであって、道が人を弘める
わけではないと。

我われはすぐに政治が悪い、法律が悪いという
けれども、我われ一人ひとりが道徳を実践する
ことで少なくとも一人分は世の中がよくなる。

社会と個人は対立しないという意識
これが孔子の思想の基本だと私は思うんです。

福沢は「一身独立して、一国独立す」と説いて
います。

独立した個人こそが国家を支える基盤となると
いう考え方ですが、孔子もまさにそういう気概で
世に打って出ました。

いま我われに求められるのはこの気概だと
思います。

★過去にも未来にもたった一つしかない、
この尊い命をどう生きるか
──それを学ぶのが人間学です。

人間学については致知出版社HPを
ご覧ください。

孔子など先哲の教えが紹介されています。

こちらから

 今回も最後までお読みくださり、

   ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください