少数より多数のほうが賢い.知恵を集める者が勝つ 第 2,079 号

 世の中には2種類の人間がいる。「世界を

変えられる」と信じている人間と、

信じていない人間だ。

 世界のイノベーターたちは例外なく、自分

は世界を変えられると心から信じていた。

マイクロソフトのビル・ゲイツ。グーグルの

ラリー・ペイジ。フェイスブックのマーク・

ザッカーバーグ。そしてアップルのスティ

ーブ・ジョブズ。この5人の創業者たち

は世界的なイノベーションを起こした

という点では共通しているが、その

タイプはそれぞれ大きく異なっている。

 本書では、この5人をイノベーションの実践

パターンに沿って見ていき、私たちの仕事や

生活に応用しやすいよう解説する。少しだ

け考え方を変えれば、世界は変えられる。

「自分が変えられる未来」を信じてみよう。

 まず何かに夢中になる。それがすべての

スタート。最も得意な分野の中に

「とりで」をつくる。

 ビジネス経験を早く積む。

実務は戦闘力の基礎。

 必ず「できる」と言う。やり方は後で考え

る。チャンスに全部を賭ける。安全

コースに心を残さない。

 優れているだけでは勝てない。闘ってこそ

前に進める。負ければゼロ。イノベー

ション企業も競争はシビア。

 契約はロイヤリティ方式で。

大手企業の食い物になるな。

 業界標準を握ってこそ、

変革はお金に変わる。

 最初に成功しなくても、

徐々に成功すればいい。

 勝つコツは1つ。猛烈に働く。

 改善は時間勝負。1分1秒を惜しむ。

 最初はお金が目的でいい。

真の目的にやがて気づく

 1つの着想を考え抜く。いい

答えには必ず人が集まる。

 自分が常識外れではなく、常識

が間違っていると考える。

 予備知識はイノベーションの敵。

大胆に進める。

 少数より多数のほうが賢い。

知恵を集める者が勝つ。

 桑原晃弥『イノベーション入門。

     ビルゲイツ&ラリーペイジ』

  の詳細、Amazon購入はこちら

   https://amzn.to/2Rtk53z

 今回も最後までお読みくださり、

   ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください