人間のすべての行動の源.基本になっている行いとは?? 第 2,356 号

発刊以来、バックナンバーの問い合わせが
殺到し、今もなお反響が続いている、『致知』
2021年4月号「特集 稲盛和夫に学ぶ人間学」。

その号の冒頭には、稲盛和夫さんの特別講話、
「君の思いは必ず実現する」が掲載されています。

これは、本特集を組むに当たっては、
稲盛和夫さんの数多ある講話録の中から
何を誌面の巻頭に掲載するかを、
稲盛さんの側近の方々にも相談し、
十分に思案を巡らせました。

そして、最終的に選んだのが、
いまから7年前に稲盛さんが
母校の在校生に向けて語った講話録です。
本講話は、生徒たちに向かって熱く、
真剣に語り掛けたのが伝わってきますが、
未来を生きるすべての人々に指針となる
人生の要諦を説いた基調なものとなっています。
その一部を紹介します。

……………………………………………………

「我われは一般に、物事を論理的に組み立てたり、
頭で推理推論したりすることが大切であり、
「思う」ということは誰にでもできることなので、
たいしたことではないと捉えています。
しかし、この「思う」ということは、
論理的に推理推論したりすることよりも
遥かに大事なものなのです。

我われが生きていく中で、この「思う」という
ことほど大きな力を持つものはないと
私は信じています。
きょうお集まりの在校生の皆さんも、
勉強ができる、頭がよいということが大事で
あると思われているかもしれません。

もちろん、それもとても大事なことですが、
心にどのようなことを「思う」かということは
それよりも遥かに大事なことです。しかし、
そのことに多くの人は気がついていません。
実は、この「思う」ということが、
人間のすべての行動の源、基本になって
いるのです」

……………………………………………………

→★致知電子版アーカイブで全て読む

……………………………………………………

また、本特集には「我が心の稲盛和夫」と題して、
稲盛さんとご縁の深い9名の方々にご登場いただき
ました。なかには、普段であればお聴きできない
エピソードも多数収録されており、
まさに特別な一冊と言ってもよいかと思われます。

完売により本誌のバックナンバーを
お読みいただくことはかないませんが、
この度リリースした致知電子版のアーカイブ機能
によってお読みいただくことができます。


致知出版社の人間力メルマガ

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください