道を逸れて外に出たからこそ私は自信を持ってそのことが言えた 第 2,111 号

2021/05/11 (火) 7:30

仏教を分かりやすく説くことで定評がある
愛知専門尼僧堂堂頭の青山俊董(しゅんどう)
さん。15歳で出家した青山さんですが、
学生時代は仏教界の古い体質に反発して
文学に進もうとした時期もあったそうです。

時を経て、青山さんは同じ尼僧である瀬戸内
寂聴さんとある女性雑誌で対談した折、
そのことについて言及されました。
『致知』2021年6月号(最新号)の記事から、
その部分をご紹介します。

★最新号の詳細・ご購読はこちら

───────────────────

(青山) 

そういう反発心もあって大学院は仏教ではなく
文学を選びました。

大学院の雰囲気は非常によかったのですが、
しばらくしたら「しまった。間違っていた」
思いました。

いまの仏教界はどうあれ、お釈迦様の教えに
変わりはないのだから、お釈迦様の教えを真っ
直ぐに見つめて生きていけばいいんだと。

それで再び仏教学に戻りましたけど、そんな
こんなで大学には10年以上お世話になったと
いうわけです。


その頃、私には真に自分が納得するまで
尼僧堂には帰れないという思いもありましたね。
ある時、1人息子を亡くされたお母さんが私に
しがみついて「息子はどこへ行ったのでしょう」
と聞かれて、返事ができなかったんです。
「これで返事ができんようでは坊さんじゃない」と。

(中略)

少し話は逸れますが、ある女性雑誌で瀬戸内寂聴
さんと対談させていただいた時、今のこの話を
したんです。「大学院は文学に進んで、
間違っていたと気づいた」と言った途端に
瀬戸内さんが「なぜ間違っていましたか」と
お尋ねになる。

ちょうど私と反対に文学の世界から仏教に
入られた頃ですわな。

私は「いや、文学は遊びです。救いは仏教に
しかありません」と自信を持って、そう
申し上げました。

瀬戸内さんは「うん」と深く頷かれましたけど、
道を逸れて外に出たからこそ
私は自信を持ってそのことが言えた、
仏教の世界ばかりにいては分からなかった
と思いますね。

致知出版社の人間力メルマガ

 今回も最後までお読みくださり、

   ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください