笑顔を絶やすな.あいさつはしたか.感謝はしたか.油断はないか.満足の一日だったか 第 2,287 号

福島県内トップ(※記事掲載当時)の                  
雇用率を誇るクラロン。

いまは亡き創業者である田中善六さんは、
生前、ある「誓い」をメモに残していました。

その思いが妻の須美子さんへと受け継がれ、
事業の道標となっていったのです。

───────────────────

〈田中〉
おそらく主人は大変な思いをしたこともあると
思うんですけど、私はいつものんびりして
いました(笑)。

だって私は主人と一緒にいさえすればそれで
楽しいから、傍から見れば辛(つら)いことでも、
辛いなんてこと全然思わなかった。

とにかく主人と話しているとすごく楽しいん
ですよ。いつも夜の11時、12時まで喋っている。
だから寝るのが惜しいくらい。

ただし、主人が言うには、夜には会社の話はする
なって。なぜっていったら、寝る前に会社のこと
をあれこれ話しても、すぐに行動できないから、
そういうことは朝に話そうって言うんです。

いまは私一人になって、会社のことは夜にしか
考えられないんですよ。朝は忙しくて、
とても考える暇がない。その分、夜になかなか
眠れなくて、いまはそれが苦痛ですね。

(──ご主人亡き後、何か指針にされている
 ことはありますか。)

〈田中〉
主人が亡くなった後に、机の中を整理して
いた際に、メモ紙が出てきたんですよ。
よく見ると、いつも主人が生前に口にして
いた言葉でした。

「笑顔を絶やすな
 あいさつはしたか
 感謝はしたか
 油断はないか
 満足の一日だったか」

その時に私は思ったんです。あ、これは今後
私が生きる道の一つにしようって。
それと、これとは別によく言っていた言葉に、
「人は一人では生きていけない。
皆の助けを借りなくちゃならない。
だから人に優しくしてあげなさい」
というのがありました。

だから障碍を持った子にはなおさらで、弱者に
対して強くなってはいけない。強い人には
強くなりなさいとも言っていましたね。

(本記事は月刊『致知』2018年2月号連載
「生涯現役」より一部を抜粋・編集した
 ものです)

致知出版社の人間力メルマガ

今回も最後までお読みくださり、

   ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください