印象は大変強烈!その時の勢いのある姿は目に焼きついています 第 2,404 号

本日は、『稲盛和夫に学ぶ人間学』(『致知』
2021年4月号)に掲載されている日本電産会長・

永守重信氏のインタビューの一部をご紹介します。

巷間、稲盛氏をライバル視し続けたとされる
永守氏。しかし、インタビューを通して
永守氏の意外な一面が見えてきます。

───────────────────

(──永守さんは稲盛和夫さんと同じ京都で創業
し、精密小型モーターのメーカーだった日本電産
を一代で1兆円企業に育て上げられました。
今年で76歳になられるそうですが、
いまなおバイタリティーに溢れていますね。)

(永守)
まだ現役バリバリですから(笑)。きょうは
稲盛さんについてお話ができるというので、
非常に光栄に思っています。

(──そもそもの出会いはどういうもの
              でしたか。)

(永守) 
1973年の日本電産の創業から10年くらい
経った頃だったと思います。もう亡くなられ
ましたけれど牧さんとおっしゃる京都銀行の
常務さんが「永守さん、これから会社を
大きくしたいと思うなら、
京都セラミック(当時)の稲盛さんと一度、
会っておいたほうがいいですよ」
と一席設けてくださいましてね。

稲盛さんとは同じ申年で、
年齢は稲盛さんが一回り上なんです。

(──すると、永守さんが49歳前後、
稲盛さんは51歳前後の頃ですね。)

(永守)
ええ。当時、京セラは創業20年を越えて
大いに驀進していた時で、まさに「京セラ、
ここにあり」という感じでした。
稲盛さんも経営者として脂が乗り切っていて、
話に非常に勢いがありましたね。

実際、稲盛さんは猛烈に働いておられ、これが
成長する企業のトップのあり方だということを
身を以て教えられたんです。

会食が終わったのが夜の10時くらいだったで
しょうか。

私は当然、それから家に戻らずに会社に帰るわけ
ですけれど、稲盛さんも会社に帰られると聞いて、
「やはり、この人は半端ではないな」と思い
ました。

そんな経営者にそれまであまり会ったことは
なかったし、印象は大変強烈でした。その時
の勢いのある姿はいまでも目に焼きついて
います。

(──同じ経営者として
強く意識するようになったのですね。)

(永守)
その日から目標が一段も二段も上がりました。
京セラという会社と稲盛さんという人物を
追い求めるのが私の目標になりました。
もちろん、最初から同じことはできませんから、
まずは真似るところから始めたんです。

『致知』2021年4月号特集「稲盛和夫に学ぶ

人間学」より続きは誌面でお読みください。

致知出版社の人間力メルマガ

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください