健康寿命を伸ばすのに直結する物は既に存在します 第 2,451 号

こんにちは、

岡田宰治です。

前回は「健康寿命と生涯現役の秘策」でした。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12745455026.html

今回は「この目で観察した若返りの実態!」です。

図入りはこちら

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12746658397.html

わたしは人類健康化の水先案内人をめざし、

健康寿命を伸ばし生涯現役を支援する臨床家ですが、

ありがたいことにそのための最新情報、

たとえば若返り実践者の実態を観察できる位置にいます。

今回は若返り実践者の声や自分の体験を通じて、

最近つくづく感じていることや、

その実態をお伝えできればと思います。

・若返りの最前線で起きていること

健康寿命を伸ばし生涯現役を目指すということは、

最期の最後まで現役でピンピンコロリが願いなので、

そこから逆算管理すると、

常に目指すべきは若返りという結論になります。

わたしは、回復~若返りというキーワードを通じて、

そのための運動を探求している一臨床研究者ですが、

運動以外でも驚くべき成果が上がっていることを知りました。

若返りのための商品開発にかけては、

天才と思えるような人を知っています。

本物感が漂っているので、

もう5年以上ウォッチしているのですが、

矢継ぎ早にヒット商品を連発されています。

実際に開発された製品の使用者を観察していると、

また自分や家族が試してみると、

ちょっと信じられないほどの変化に驚きます。

たとえば、

ある素材を使ったインナーウェアを着れば、

体温が上がり筋肉は軟らかく姿勢も改善するとか、

ある特殊な環境で製造したサプリメントを飲めば、

元気になるだけではなく見た目も若返るとか、

あるハーブ美容液を風呂上がりに塗り込めば、

翌朝には5歳は若返って見えるとか、

やや高額ですがどれも期待値を大きく上回っています。

まるで地球よりずっと進んだ星の宇宙人がバックにいて、

指導を受けながら開発しているようにすら見えます。

それぐらい常識離れしているのです。

この方は籠もって研究するようなタイプではなく、

インスピレーショナブルな行動の人で、

ひらめいたら海外へ飛び、

直感で製造してくれるメーカーを探し、

またあるときは自分で開発する、

こんな変幻自在の活躍をされています。

ここで何が言いたいかといえば、

老化防止というレベルではなく、

今まででは考えも及ばなかった若返り法が、

既に存在しているという事実です。

・○○があれば誰でも若返れる時代 

上にあげた物以外にも、

すべての長寿遺伝子をオンにし、

外見から内臓機能まで若返るサプリなど、

不老長寿とまでは言いませんが、

健康寿命を伸ばすのに直結する物は既に存在します

こういう分野は近年加速度的に進歩しており、

10年前と比べると別次元となっています。

ただし、こんな情報は知る人ぞ知るという世界で、

富裕層中心に口コミで広がっているのが実態であり、

高額な商品やサービスが中心なので、

テレビや新聞などのマスコミにはほとんど登場しないので、

マスコミを情報源にしている人には盲点となっています。

大勢の人達のさまざまな変化を目の当たりにすると、

もう、びっくりの連続で、

まるで未来を描いたSF映画を観ているような感じです。

ついに経済力さえあれば、

見た目だけではなく中身も機能も含めた、

誰でも若返りを実現できる時代が到来したのです。

この手の夢は叶えられるようになりました。

この実態を知ってしまうと、

今まで以上に経済力の重要性に気づき、

晩年まで収入源をもつことの意味を再認識しています。

富裕層ではなくても諦めることはありません。

なぜなら勤勉に働けば収入は付いてくるからです。

健康寿命を伸ばすことに加えて、

生涯現役人生も目指すのであれば、

上のような方法を取り入れることは必須です。

特に使命感を持っている人の場合はなおさらです。

生涯現役で何らかの収入を得ながら、

それらを利用すれば願いが叶う確率はぐっとアップします。

繰り返しますが、

本当に見た目も機能も若返り可能な、

老化を大きく遅らせる技術は既に存在します。

これは百聞は一見に如かずの世界なので、

マスコミからの情報に頼らず、

しっかりとアンテナを張って周りの人を観察してください。

そして、妙に若すぎる、おかしいと感じたら、

「何かされているのですか」と尋ねてみてください。

意地悪でなかったら良いヒントをもらえることでしょう。

ただし、これらの方法では届かない部分があります。

それは、何かというと、

運動しなくても筋肉が付く方法は発明されていないからです。

・経済的な運動による若返り法

運動による若返り法もいろいろ研究されていますが、

その一つに若返り筋メソッドという、

ストレッチと筋トレを合わせた新しい方法があります。

これはインナーマッスルという深部筋を再生する方法で、

若者やアスリートには不要ですが、

体がゆがんだり硬くなった中年以降の人には適しています。

その理由としては、

キツすぎないゆっくりしたリズムの体操であり、

贅肉は減り筋肉は引き締まって姿勢が良くなること、

筋力・バランス・柔軟性のすべてが高まるからです。

また、体操形式になっているので、

一度覚えたら生涯続けられるというのもメリットです。

さすがに最期の最後はできなくなりますが、

その直前まで続けられる健康体操です。

とはいっても、できれば50代から、

せめて本格的に機能が衰える前の時期、

70代前半までには覚える必要があります。

また、この運動で姿勢が改善すれば、

キレイな姿勢で歩けるようになるので、

病気の予防をはじめとした、

ウォーキングの効果をフルに引き出せるようになります。

そして何より経済的なので、

コストに悩まされる心配もなく、

コスト重視派にとっては特に重要です。

最後にここまでの話をまとめると、

経済力さえあれば、

若返り老化を遅らせることができる時代が来た。

経済力に不安がある場合は、

運動は自助努力の割合が高い分コストが安いので、

若返り筋の運動は万人向けといえそうだ。

わたしは10年前は年より老けて見られていましたが、

上に書いたいろんな方法を使うことで、

7年前の写真とあまり変わらないので、

今では同年配と比べて若いと言われるようになれました。

————————————–

若返り筋メソッドや健康寿命を伸ばす方法は、

毎月、認定トレーナーの皆様とともに、

無料Zoomセミナーでお伝えしています。

※書籍『若返り筋メソッド』アマゾンから発売中!

※「若返り筋メソッド」認定トレーナー制度について

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12128671549.html

————————————-

プライベートやブログに書けないことはメルマガで。

【岡田さいじの公式メルマガ】

https://www.reservestock.jp/subscribe/83936

————————————–

若返り筋メソッド座学&実習(少人数制)

セミナーのお申し込みは↓から

https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/21054

『10年後の常識!健康のツボ』

第788号 2022年6月8日

発行者 健康水先案内人/岡田宰治

公式サイト http://ameblo.jp/baffaro7

人類健康化の水先案内人/岡田さいじ

さんのブログより転載許可を得て掲載

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください