人間の持つ「思い」は必ず実現することを信じるべきです 第 2,418 号

本日は「稲盛和夫に学ぶ人間学」の中から
稲盛氏が、母校である鹿児島玉龍高校の
生徒たちを相手に語った特別講話の一部を
お届けします。


───────────────────

(稲盛)

人間の心、「思い」というものは、これほど
素晴らしい力を発揮するものなのです。
京セラにしても、KDDIにしても、また
日本航空にしても、決して初めから成功が
見えていたわけではありません。


いずれも、最初は空想みたいな「思い」、
何としてもやり遂げようという「思い」から
始まっていったものです。

しかし、その「思い」を強く抱き、
誰にも負けない努力を続けることで、
空想みたいな「思い」だったものが、
想像を遥かに超えた素晴らしい未来をもたらし
てくれたのです。「思い」というものは、その
くらい素晴らしく、強いパワーを持っています。

ですから、ここにおられる皆さんは、
人間の持つ「思い」は必ず実現することを信じる
べきです。「こんなことを思っても高望みでは
ないか」「どうせ実現しないだろう」などとは、
決して思ってはいけません。

できるだけ高邁な「思い」、崇高な志を持って、
その高い目標に向かって必死の努力をしさえ
すれば、必ずその「思い」は実現していく
はずです。


同時に、それが「世のため人のために尽くす」
といった純粋で美しい「思い」であれば、
自分の能力を超えて、周囲の人々、
さらには自然の力をも得て、
実現していく可能性は高まっていきます。

ただし、いくらいま強く思っても、
すぐに実現するわけではありません。
やはり時間がかかります。
私はいま82歳になりましたが、
これまで社会に出てから、60年以上も
「こうしたい」「こういう人間になりたい」
という「思い」を持って必死に努力を続けて
きました。そしてその結果、いまは
素晴らしい人生を全うできたと思っています。

致知出版社の人間力メルマガ

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください