人に会っている数です.誰よりも人に会う 第 2,264 号

プルデンシャル生命保険で
前人未到の営業成績を上げ、
世界の生保営業パーソンの
上位0.01%に到達。
個人の営業マンとしては伝説的な
数字をつくった金沢景敏さん。

金沢さんはいかにして
世界のトップになったのでしょうか。
あらゆる分野に通じる営業、
仕事の極意を語っていただきました。

★最新号「努力にまさる天才なし」には、
金沢さんがご登場!
記事詳細はこちら 

───────────────────

(村田) 
どうしてそれほどの営業成績を上げられたん
ですか?


(金沢) 
僕が保険業界で結果が出た理由は、
たぶんどんな営業マンよりも
人に会っているからだと思います。
会っている人の数は
一番多いっていう自信があるんですよ。

(村田) 
数は絶対必要だって
著書にも書かれていましたね。

(金沢) 
まずはそこで、
僕は絶対に母数って必要だと思います。
母数があるからこそ、質や確率も高まっていく。
僕は足し算だと思っているんですよ。
いきなり掛け算しようとする人が多いんですけど、
よく考えたら母数が一の人は
百を掛けても百じゃないですか。
でも母数が百ある人だと
百を掛けたら一万になりますよね。

いざ、掛け算するタイミングが来た時に、
いかに母数があるかだと思っているので、
僕はその母数を足し算で積み重ねようと。
それは具体的に言ったら、
人に会っている数です。誰よりも人に会う。

起きている時にしか会えないんだから、
人が起きている時に人に会って、
人が寝ている時に、自分の仕事をすればいい。
それなら会社で寝るのが一番、
っていう選択に至ったんです。

★この続きは最新号でご覧ください!
最新号豪華ラインナップはこちら 

致知出版社の人間力メルマガ

 今回も最後までお読みくださり、

   ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください