這いつくばってでも現状を打破しようとする強さがある 第 2,027 号

2021/02/01 (月) 7:31

本日の対談には、お笑い芸人として
初の芥川賞を受賞した又吉直樹さんもご登場!

又吉さんの原点ともなったあの一冊とは?? 
対談のお相手は長年日本語教育に携わっている
明治大学教授の齋藤孝さんです。

───────────────────

(齋藤) 
……他にも又吉さんは太宰治を尊敬し、太宰の
自伝的エッセイ『東京八景』のオマージュとして
『東京百景』を書かれていますよね。]こんな素直
なリスペクトの仕方があるのかと感動しました。

(又吉) 
僕の書いた『東京百景』は18歳で東京へ
出てきてからの体験を綴ったエッセイです。
芥川は35歳、太宰は38歳で亡くなっている。
『東京百景』を書き終わったのが32歳だった
ので、彼らの年齢に自分を重ねていた時期
でもあります。


太宰の『東京八景』の中に、「人間のプライド
の窮極の立脚点は、あれにも、これにも
死ぬほど苦しんだ事があります、と
言い切れる自覚ではないか」
という一文があります。
この言葉に自分を何度も鼓舞してきました。

というのも、皆武器が欲しくてそれぞれの
人生の中で闘っていくと思うんですけど、
いつまで経っても武器を持てなくて負け続ける
人もいる。

太宰もこの本の中で10年間、
あれもこれも失敗したと独白しています。
何もできなかったことが窮極の立脚点。
つまり、負け続けた時間をも武器にできる。
こんな強い言葉はないと思います。

(齋藤) 
ああ、負け続けた時間こそが武器であると。

(又吉) 
やっぱり負け続けた人は強いですよね。勝ち続
けている人は常に勝たなければいけないという
プレッシャーも相当ありますが、負け続けている
人って、負けても死なないと分かっているから、
這いつくばってでも現状を打破しようとする強さ
がある。そこがすごく腑に落ちました。


 
★いまこそ「人間学」。困難な時代を生き抜く
知恵、人間力を磨き高めるヒントが満載の月刊
『致知』。最新号の詳細・ご購読はこちら 

 今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください