職場の空気こそ本当に大切だということです 第 2,289 号

これまでに3,000社を超える企業の研修、
教育活動に取り組んできた志践塾社長の
戸谷益三さん。

その体験の中で、成功されている方、
伸び続けている組織には
ある共通点があることが分ったといいます。

★最新号「死中活あり」には、
この混迷を深める時代を生き抜くヒントが
満載です!気になる豪華ラインナップはこちら 

───────────────────

(戸谷)
成功されている方、伸び続けている組織には、
必ず〝右腕〟がいる─。そのことを確信させて
くれたのは、多くの素晴らしい経営者・
右腕の方々との出逢いでした。

私は化粧品業界大手・日本ロレアルにて
教育本部長を務めるなど36年間勤務。
その後の6年間を含めた42年間で、大企業を
含む3,000社以上の会社様とご縁をいただき、
モチベーション・人間関係をさらによくする
研修、教育活動に携わってきました。

その中で、伸び続けている組織に共通する
次の三つのことが見えてきました。

①トップの戦略が見事である
②右腕が必ず複数いる
③職場の空気がよい

当然、トップの戦略が外れると、
いくら社員の能力が高くても、
何をやっても上手くいきません。
また、いくら素晴らしい戦略があっても、
職場の空気が悪いと組織全体に
なかなか浸透しません。このことは
「戦略の神様」とも呼ばれるピーター・
ドラッカーも同じように言っています。

「戦略は文化に勝てない」

つまり、戦略は大切ですが、
そこで働いている人、
職場の空気こそ本当に大切だということです。

世界的な大企業のGoogleが4年間かけて調査し、
「成果を出しているチームの共通点」として
主に次の3つを挙げています。

1「心理的安全性」
(知らないことなどがあっても社内でバカに
されたりしない)

2「信頼性」(お互いが信頼し合える関係である)

3「明確性」(目的・目標・やりがいを明確に
している)これらを知って……

★この続きは最新号「死中活あり」でご覧
ください。戸谷さんに経営、組織発展の極意を
語っていただいています。

最新号ラインナップはこちら 

致知出版社の人間力メルマガ

 今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝! 

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください