習慣は人生を変える⇒やりたいことを満喫できる 第 2,160 号

こんにちは、

岡田宰治です。

前回は「筋トレと言葉の調律が運気を上げる」でした。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12680449009.html

回復(潤滑整復術)→自立(ウォーキング)

→補強(トレーニング)という流れで、

肯定言葉を使うとうまくいくという内容でした。

今回は「歩行整体ドキュメント(80代男性)」です。

  • 図入りはこちら

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12681729722.html

————————————–

『歩行整体』とは、

三本の矢による、

回復から若返りまでの整体システム。

第一の矢(回復)ゆがみの潤滑整復術

第二の矢(補強)ゆがみのトレーニング

第三の矢(自立)ゆがませないセルフ整体

現在、これらの見える化を図っています。

『若返り筋メソッド』電子本・単行本・アマゾンで発売中!

————————————–

(歩行整体ドキュメント・Tさんの場合)

今回で5人目になりますが、

T.Tさん80代前半の実例をお伝えします。

それでは、例によって時系列にて、

歩行整体の過程を描写していきましょう。

・はじめは治療から

Tさんとは治療を通じて出会いました。

慢性腰痛で腰が伸びないとのことで、

家族の紹介で当院に来院されました。

腰が反らせずに前屈みになってしまう、

腰が痛くて数百メートル以上歩けない、

このようにTさんの訴えは腰痛でした。

早速ゆがみのチェックをしてみると、

左仙腸関節がロックした状態、

いわゆる「かみ込み腰」です。

これは、運動や作業などで引き起こす

ギックリ腰の1パターンでもありますが、

特に身に覚えがないようでした。

1回目の施術は潤滑整復術を行いましたが、

直後にほぼ症状は消えて、

腰が真っ直ぐに伸びるようになりました。

Tさんの感想は「狐につままれたよう」で、

治療後は腰を反らす事も出来るようになり、

歩くのが楽になったようです。

それから1週間が経ちましたが、

数百メートル歩くと腰が痛くなる、

この症状だけは残っていました。

こういう場合は、

脊柱管狭窄症の可能性もありますが、

専門医による検査でも異常が認められなかったので、

次のステージを提案することにしました。

それが若返り筋メソッド(補強)です。

これは治療の一部だとは伝わらかったので、

百聞は一見にしかずということで、

グループレッスンに参加してもらうことになりました。

・筋肉絞り体操とTSURUKAME体操

若返り筋メソッドには2種類の体操があります。

これは新種の筋トレでもありますが、

体操形式にまとめてあるので、

高齢者であっても覚えて実践することができます。

新種の筋トレという意味は、

若返り筋という姿勢に関わる深部の筋群、

インナーマッスルを鍛えるために、

通常の筋トレとは違うメカニズムで行うからです。

2種類の体操を簡単に説明すると、

筋肉絞り体操は全身を活性化させる5つの体操、

TSURUKAME体操は9種の筋トレ、

共通項はすべて立ち姿勢で行えることです。

初回レッスンの後で、

速くも姿勢の変化を体感され、

毎月参加されることになりました。

————————————–

プライベートやブログに書けないことはメルマガで。

【岡田さいじの公式メルマガ】

https://www.reservestock.jp/subscribe/83936

————————————–

・ウォーキング開始

初回のレッスン後は毎日自宅で実践されて、

2回目のグループレッスン参加時には、

フォームのチェックでクオリティが上がりました。

3回目のレッスン時にはさらにクオリティが上がり、

同じ体操でもはるかに効くようになってきたので、

いよいよ、若返り筋ウォーキングを始めることになりました。

初めてしばらくの間は、

若返り筋と脚力の耐久力不足から、

歩行距離を伸ばすことは出来ませんでしたが、

グループレッスンで若返り筋の強化をアドバイスしました。

この体操とウォーキングの組み合わせによって、

良い姿勢を保ちながら、

徐々に距離が伸ばせるようになりました。

毎日、主にTSURUKAME体操を習慣にして、

若返り筋ウォーキングの実践も続ける、

そして月一回のグループレッスンに参加、

というリズムが習慣になっていきました。

習慣は人生を変えるとも言われますが、

Tさんの場合もその通り変化が現れたのです。

はじめてから半年を過ぎる頃には、

立ち姿勢が変わり背が高くなるという自覚を得て、

2km程度なら姿勢を崩さずに歩けるようになりました。

当初、80代のTさんの場合は、

片足立ちの姿勢が多いTSURUKAME体操や、

ウォーキングは難しいかとも思いましたが、

完全に杞憂に終わりました。

始めは治療(回復)からのスタートでしたが、

症状が取れた後は、

体操(補強)を通じて姿勢が変わり、

若返り筋ウォーキングで耐久力も付きました。

出会った当時の腰痛で歩けない状態が続けば、

要介護のお世話になる日は近かったことでしょう。

ところが、今では元気にスイスイと歩いて、

好きなときに好きなところへ行けて、

やりたいことを満喫できているように見えます。

これは、健康寿命が伸びることや、

株式のトレーダーでもあるTさんにとっては、

生涯現役人生を叶えることにも繋がります。

このようなかたちで、

Tさんの人生に関われることは喜びであり、

歩行整体の提唱者として生き甲斐にもなっています。

80代であっても希望がある、

この事例が誰かのお役に立つことを願っています。

————————————–

若返り筋メソッド座学&実習(少人数制)

・8月 7日(土)18~20時(天王寺)専門家向け

セミナーの日程は↓から

https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/21054

『10年後の常識!健康のツボ』

第738号 2021年6月22日

発行者 健康水先案内人/岡田宰治

公式サイト http://ameblo.jp/baffaro7

人類健康化の水先案内人/岡田さいじ

さんのブログより転載許可を得て掲載

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください