相手のことを知り.相手の主張を理解する 第 2,088 号

小惑星探査機「はやぶさ2」。地球から約3億キ
ロメートル彼方に位置する小惑星「リュウグウ」
でのサンプルリターンミッションを果たし、
昨年12月6日に地球へ帰還しました。

約600人の多国籍のスペシャリストで構成される
一大プロジェクトを5年半にわたり牽引し、世界
初となる偉業を7つも成し遂げたのが津田雄一氏
です。


39歳の若さでプロジェクトリーダーに抜擢された
津田流のチームマネジメント手法やリーダーと
しての心得から、成功の扉をひらく要諦を
学びます。


───────────────────

〈津田〉 
いろんな数え方があって、メーカーの下請けや
大学の研究者の助手の人たちを入れると数千人
になると思うんですけど、私から直接連絡する
ことができる範囲で600人と申し上げています。

もちろん私より年齢もキャリアも上の人たちが
数多くいますし、JAXAの職員以外にも企業
や大学などに様々な分野の専門家がいます。

加えて、日本人だけではなく、アメリカやドイツ、
フランス、オーストラリアの研究者もいます。
ですから、国籍も年齢も所属も専門分野も違う
600人のスペシャリスト集団なんです。

――そういう人たちを束ねていくのは並大抵で
ないと思いますが、津田さんは日々どういった
ことを心掛けてこられましたか?


〈津田〉 
すごく専門性の高い研究者や技術者ばかりなの
で、まぁ私の言うことを聞かないんですよ(笑)。
若いゆえにそれは無理もないなと思いました。

私の場合、皆をグイグイと引っ張っていくよう
な君臨するタイプのリーダーではありません。
じゃあ自分でもやれるマネジメントの仕方って
何だろうと考えた時に、600人のチーム全体が
一人の人間のように同じ意志を持っていて、

だけど頭脳は一人の人間ではなく600人の頭脳
があるわけだから、それが有機的に結びつく
ことでいろんな難題に取り組める。


たくさんの人がいるけれども、最後までバラバラ
になることなく、問題が生じたら解決に向けて
皆で頭を捻って答えが出せる。
そういうチームにしたいと思ったんです。


なので、それぞれのメンバーがどういうバック
グラウンドを持っているのか、「はやぶさ2」
にどういう思いで携わっているのかということ
をまず知る。

そこを理解した上で、「じゃあこういう役回り
でやってくれないか」と。

そうやって一人ひとりと個別にコミュニケー
ションを取り、丹念に調整していきました。



(―― 一人ひとりのメンバーと誠実に向き
 合ってこられたと。)


〈津田〉 
あと、私から放射状にコミュニケーションが
延びるだけに留まらず、メンバー同士が

繋がれるように仕事を割り振っていくことも
心掛けました。


その時に、私は私で専門分野があるので、例えば
自分で軌道計算をしたり、プログラムを書いたり
して、「これだったらどう?」という形で議論
が円滑に進むように、要所で自ら現場に関わって
いくことを続けてきました。

単に指令を出すとか言い逃げをするだけではダメ
で、やっぱり「本気なんだな」と思ってもらえ
なければリーダーは務まりません。

それには知識が不可欠です。

また、自分の専門分野以外の勉強も随分しました。
相手のことを知り、相手の主張を理解するため
にはどうしても相手の専門分野に入り込まざる
を得ないので、分からないところは素直に教え
を請いながらやっていましたね。


ですから、組織をまとめていく上では
「知識」と「コミュニケーション」、
この二つが必要だと感じています。



※本記事は月刊『致知』2021年1月号

特集「運命をひらく」から一部

抜粋・編集したものです

致知出版社の人間力メルマガ

 今回も最後までお読みくださり、

   ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください