日本の命運を握っているともいえるワクチン接種 第 2,134 号

松下電器産業(現・パナソニック)で経営の
神様・松下幸之助の薫陶を受け、その教えの
神髄を多くの人々に伝導している
一般社団法人「和の圀研究機構」代表の中博氏。


その中氏に松下幸之助の言葉と教えから、
〝コロナ敗戦〟を乗り越え、日本を再生へと
導く日本人としての誇りと気概を学びます。


───────────────────

(中)
……コロナ禍という国難を克服するためには、
日本人が本来持っている力、
環境の変化に柔軟に対応していく「融通無碍」
の精神を取り戻すことが大切だと言いました。


しかし、ここ一か月の動きを見ても、日本人の
融通無碍の精神はいったいどこにいってしまった
のか、首をかしげざるを得ない状況が次々と
起こっています。


例えば、いま進められているワクチン接種。
先般、私が住んでいる世田谷区(東京都)でも、
一般高齢者へのワクチン接種が始まり、「28日の
午前10時から予約を受け付けます」という通知が
行政から届きました。

考えてみれば世田谷区民は高齢者だけでも数十万
人います。その家族も含めると、予約の連絡を
する人の数はもっと膨れ上がるでしょう。


案の定、受付時間になり、電話・インターネット
の両方で予約してみたところ、全く繋がらない。
ようやく予約できたのはお昼過ぎで、
電話を掛けた回数は実に600回を超えていました


私は「ああ、予約できて運がよかった」と安堵
するよりも、オリンピックを目前に控え、日本
の命運を握っているともいえるワクチン接種
がなぜスムーズにできないのか、この国の

仕組み、システムはいったいどうなっているん
だと驚愕しました。

それはPCR検査でも、ワクチン開発でも同様です。

実際……、

※この続きはWEBchichiで公開しています。
 「コロナ敗戦」をどう乗り超えるか、
 日本再生の道筋を語ります。
 詳細はこちら 

致知出版社の人間力メルマガ

  今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください