内実は辛抱・我慢・忍耐の三文字がふさわしい地味な世界だ 第 2,258 号

 ♠女性捜査員は平凡で目立ない容姿 ♣JR

大塚駅は尾行を撒くのに最適の駅 ♦街中

ではサンドイッチマンや看板持ちに変装 

♥風俗好きの外国人スパイと仲良くな

るため、同じ風俗店の常連に ♠0

07のような秘密兵器も ♥仲間

由紀恵似の美女で、ハニート

ラップを仕掛けてくる中国 

♣最も必要な資質は社交性……。

 元公安が明かす、外国人によるスパイ・テロ・

犯罪行為を水面下で阻止する組織の実態。

 私は1990年代に警視庁に入庁し、外務省に

出向した3年間を除くと、通算でおよそ20

年間、警察官として勤務してきた。その

大半、私が在籍したのは公安部である。

 私が所属し、本書のメインテーマでもある、

外国による対日工作やスパイ活動、国際テ

ロリズムなどを捜査する「外事警察」は、

この公安部の一部をなしている。

 公安警察の活動も、人々に称賛されることや

評価されることもない。それでも外事警察の

捜査員たちは、高いモチベーションを保ち

ながら日夜仕事をし続けているのである。

 「功名を語らず」を旨とし、来る日も来る日

も地べたを這いつくばるような過酷な任務に

従事している。はなから評価されることや

感謝の言葉など期待していない。

 スパイ映画のように、美女とベッドをともに

などという色っぽい話はまったく出てこない

ことを、あらかじめお伝えしておきたい。

 現実は、地道な捜査と報告書作成

を繰り返す日々なのだ。

 地道な捜査といえば、身分を秘匿して「影」

のように監視や情報収集に専念する警察官

たちが、公安警察にはたくさん存在する。

 完全に別人になりきり、所属部署には滅多に

姿を見せないような者もいる。

 こうした外事課の捜査員たちの日々の仕事の

積み重ねによって、この国の平穏が保たれて

いることを理解していただけたら、筆者と

してとてもうれしく思う。

 内実は地味な世界。普段、公安警察がどんな

ことをしているかというと。「監視」と「情

報収集」、この二つに要約される。

 列挙すると、一見華やかなスパイ映画のような

仕事に感じられるかもしれない。しかし、それ

は思い込みで、内実は辛抱・我慢・忍耐の

三文字がふさわしい地味な世界だ。

勝丸円覚『警視庁公安部外事課』

を読み解く Amazon購入はこちら ⇓

https://amzn.to/3iGR165

  今回も最後までお読みくださり、

     ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください