人を励まし応援することで得られる様々な効果 第 2,381 号

駅前でチアリーディングを行い
通勤途中の方々を励ます「朝チア」の活動で
知られる朝妻久実さん。
その「応援」の力は多くの人の心に
明るい灯をともしてきました。

『致知』最新号では、
「応援学」の普及に力を尽くしている朝妻さんに、
これまでの人生の歩みを語っていただきました。

───────────────────

(─朝妻さんは、早朝の駅前でチアリーディング
を行い、通勤途中の人たちに元気を与える
「朝チア」の活動や、「応援学」の普及に取り
組んでいるそうですね。)


(朝妻)
いまは大きく二本の軸で活動していまして、
一つは司会やナレーションなどフリー
アナウンサーとしての活動。


もう一つは、2018年に立ち上げた全日本応援
協会(AJO)の代表として「朝チア」をやり
ながら、セミナーや研修、講演会を通じて
応援学、応援文化を広げていく活動です。

応援学というのは、人を励まし
応援することで得られる様々な効果を、
脳科学や心理学などを通して科学的に紐解き、
体系化したものです。

人間は誰かを応援することで、脳から幸せを
感じるオキシトシンというホルモンが出て、
相手の方だけでなく自分自身も明るく前向き、
元気になれるんですよ。

(─応援にはそんなにすごい力があるんですね。)

(朝妻) 
誰かを励ます応援文化を広め、
日本中をもっと明るく元気にしていきたい。
その思いで活動に取り組んできたんです。

朝チアについては、いまは9人のメンバーで、
主に新宿や新橋などの駅前で行っています。
尊敬する「日本一熱い男」、
元プロテニスプレイヤーの松岡修造さんも
番組の企画で見にきてくださって、「すごいパワー
だ!」と太鼓判を押してくださいました(笑)。

(─応援学の普及に携わるまでの歩みをお話し
いただけますか。)


(朝妻) 
私は1983年12月、マイナス20度という本当に
寒い日に北海道北部の名寄市で生まれました。
前の子が流産してしまったこともあり、
特に父は私が生まれた瞬間、「やったぞ!」
と病院の廊下を走り回ったそうです。
ただ、幼稚園の年長になる頃、
父の転勤に伴い旭川市に引っ越したのですが、
新しい園では仲間外れにされたり、
大好きな母につくってもらったお弁当を
ばかにされたり、いじめに遭うんですね。

(─ああ、いじめに……。)

(朝妻) 
それを我慢して……

★この後、なぜ「朝チア」をはじめるように
なったのか、人生のどん底に突き落とされた
体験などを語っていただきます。

朝妻さんの記事の詳細はこちら 

致知出版社の人間力メルマガ

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください