この世で最も罪が重いのは睡眠時間を削ることだ 第 2,124 号

 ムダな「考え」「物」「人」「行動」を

捨てると、真に大切なものが得られる!

 私たちの人生は、すぐに余分な「モノ、人、

コト」で溢れかえってしまいがちである。

 貴重な命の断片である時間をムダなことに

費やすのは、まさしく「命の無駄遣い」

になってしまう。ムダなものを捨て

る力をつけることは、自分の人生

において真に必要なものを見極

める力をつけるのと同じこと

になり、有意義な人生を

送ることにつながることになるのだ。

 

 あらゆるムダを削ぎ落とすことによって、

あなたの人生は激変するだろう。

 嫌なことがあったら、堂々と

ふて寝すればいい。

 片づけとはスバリ、迷っている物を捨てる

ということだ。それが片づけの本質なのだ。

 無意味な義理行為をやめる。何と

なく人と会う時間を減らす…。

 捨てるたびに、年収が増える。

 断るのにいちいち理由なんて言うから、

相手をつけ上がらせる。

 私は昔から誘われた際に面倒くさいと思っ

たら、電光石火の如く断ってきた。

 生理的に受け付けない相手に、

近づいてはいけない。

 あなたが一流の人に嫌われるのは、

隣にいる顔ぶれが三流だからだ。

 寝る間を惜しんではいけない。この世で最も

罪が重いのは、睡眠時間を削ることだ。

 睡魔が襲うということは、体がそれを拒絶

しているわけだから、やってはいけ

ないという合図だ。

 長期的な成功者たちの共通点は、誰もが顔の

艶が良く、イキイキとしていることだ。

 彼らが寝る間を惜しまずに、起きている間に

大好きな仕事に没頭している証拠である。

 自由時間は仕事のオマケではなく、

人生のメインだ。

 何となく人と会う時間を減らす。それは、

前倒し人生を実現させるための、

とっておきのコツだ。

 時間を増やしたければ、時間を

プレゼントすることだ。

 時間のプレゼントといっても、何も難しく

考える必要はない。いつも待ち合わせ場所

には、相手よりも少しだけ早めに到着

する。いつも締め切りより、少し

前に仕事を終わらせて渡してあげる。

 この世で最高のプレゼントとは

時間のプレゼントなのだ。

 時間のプレゼントを習慣にしていると、必ず

こんなことが起こる。それは相手からも時間

のプレゼントが返ってくるということだ。

 いつも待ち合わせの場所に相手よりも早く到着

していると、相手はそのうち必ずそれに気

づいて恩返ししたくなるものだ。

  千田琢哉『ムダの片づけ方』を読み

  解くの詳細,amazon購入はこちら

   http://amzn.to/2giQYiK

 今回も最後までお読みくださり、

   ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください