「 景気・経済全般 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
ワシントンの有能な補佐官として頭角を現す  第 2,213 号

ワシントンの有能な補佐官として頭角を現す 第 2,213 号

 日々刻々と動く世界情勢の中、特にその動向 が注目されているアメリカ合衆国の歴史的 事実を知ることで、日本とは切っても 切れない関係にある。  アメリカ合衆国の分断傾向はさらに顕著になり つつある。そもそもアメリカは、建国以来、分 裂の要素を持ち続けている国なのだ。本書 では、現代のアメリカ合衆国へつながる 源流を探るべく、「建国の父」の一人 である天才政治家、アレグザンダー...

続きを読む

稼ぐ力を示すのが経常利益.プラスであり.伸びていることが大切  第 2,205 号

稼ぐ力を示すのが経常利益.プラスであり.伸びていることが大切 第 2,205 号

 どこから、どのようにお金を手に入れて、その お金をどのように使い、そして、どんな形で 会社に残っているか、お金の流れから 会社の姿が見えてくる!  「なぜ太平洋戦争が始まったか」という 質問に対して多くの人がいろいろな立場 で意見をおっしゃっている。会計士の 立場で個人的な見解を申し上げる なら、「石油を止められたから」 という理由のほかに、「それ 以前から慢性的に続いて...

続きを読む

連鎖的に訪れる「危機」に対応することができる  第 2,192 号

連鎖的に訪れる「危機」に対応することができる 第 2,192 号

 米中戦争は超危険領域へ…非情を抱えてタフ に生きろ。非合理な日常で感性を鍛えよ。  金融や資金調達と訳されるファイナンスは 理論構築をすることではなく実務だ。  不動産への投資行動、資金調達と移動、 もちろん株式投資もすべてファイ ナンスに内包される。  日本の銀行員は会社が定めた部門に所属し、 不動産、株という特定のジャンルで働いて いる、いわば「集団縦割りファイ...

続きを読む

家康はこの大湿地帯の下に眠る大穀倉地帯を見抜いた  第 2,188 号

家康はこの大湿地帯の下に眠る大穀倉地帯を見抜いた 第 2,188 号

 街はどのようにつくられ、賑わったか!? 東日本 へ行く要の地/モンゴル軍を破った福岡の地形/ 「信玄堤」という画期的な治水事業/信長が 戦った比叡山と大坂の地形/今も現役の 「太閤下水」/家康が関東で発見した 宝/安倍川がつくった鉄壁の軍事 都市/日本堤と墨田堤の仕掛 け/幕末に広重が描いた 風景/全国の森林が消失する危機  日本とベトナムとの統一戦線。13世紀、 モンゴ...

続きを読む

自国の学術や芸術の伝統を守ろうとする人も多かった  第 2,187 号

自国の学術や芸術の伝統を守ろうとする人も多かった 第 2,187 号

 日本におけるスコットランド史研究の第一線 専門家が、最新の知見をもとに新たに提示す る通史。有史以来さまざまな圧力にさらさ れながらも独自の社会・文化を生みだし、 世界に影響を与えてきた北国の流れを 総覧した決定版。図版、コラム多数。  スコットランドは南のイングランドと隣接 していることから、両国の間には政治、 経済、社会、文化などあらゆる面 で、深い関係を持ち続けた。 ...

続きを読む

海人たちのエネルギーは.歴史を動かす原動力になった  = 2-2 =  第 2,185 号

海人たちのエネルギーは.歴史を動かす原動力になった = 2-2 = 第 2,185 号

 「商社は、もしかすると古代から存在していた のではないだろうか?」筆者は、そう古代 商社についての仮説を立てた。  広い範囲の商品を扱い、多くの事業を手掛け、 それらに関わる多機能を有する総合商社と いう業態は、日本にしかない。韓国にも 類似した業態はあるが、日本の総合 商社のように多機能を持つとは思えない。  古代、遠距離を移動する術を身に付けた海洋民 たちは、お互い...

続きを読む

海人たちのエネルギーは.歴史を動かす原動力になった  = 2-1 =  第 2,184 号

海人たちのエネルギーは.歴史を動かす原動力になった = 2-1 = 第 2,184 号

 神話の時代から国家の誕生まで―。歴史に 隠されたミステリーに迫る。古代史には 知られざる多くの謎が残されている。  ヤマト建国に尽力しながらも歴史の闇に葬ら れた出雲勢力の恨みとは?「古代史最大の 悪人」とされる蘇我氏は、実は大和 朝廷の中央集権化を進めた改革派だった!  本書では、通説の裏に隠された数々の謎と その真相を、図解とともに鮮やか に描き出していく。 ...

続きを読む

ほとんどの国は相続税がゼロで所得税や法人税も安いことである  第 2,179 号

ほとんどの国は相続税がゼロで所得税や法人税も安いことである 第 2,179 号

 現在の日本はどういう状況になっているのか。 ひとことで言えば、「中途半端な国」になっ ているのである。人材の質も中途半端で、 人件費が高いのに付加価値力や特にサー ビス業の生産性は低い。  一方、今世界で繁栄している国はふたつの タイプがある。ひとつは「ボリューム国家」 だ。経済規模が巨大で、人口・労働力の ボリュームと低コストの人材費を強み として工業国家モデルで急成長し...

続きを読む

国民に富があってこそ.真の文化が創造できる  第 2,178 号

国民に富があってこそ.真の文化が創造できる 第 2,178 号

 今日の日本の税制は、封建時代の最悪のもの より苛酷である。日本は「一律10%」の税率 でも充分にやっていけるのではないか…。  古今東西の歴史を俯瞰し、「富」と「税金」 の問題を本質的に考察する。  「生産よりも収奪」がスペイン没落の理由なり。  土地支配の次の段階の商業支配に本格的に気が 付いたのは産業革命後のイギリスだった。  「国民の富」を奪えば、国は自滅す...

続きを読む

様々な揺れや風に耐え得る部材の強度を割り出す  第 2,177 号

様々な揺れや風に耐え得る部材の強度を割り出す 第 2,177 号

戦後の高度成長シンボルとされる東京タワー。 この構造設計を手掛けたのが内藤多仲(たちゅう) という建築家です。 『致知』8月号(最新号)では、あまり 世に知られていないその足跡や人柄と共に、 東京タワー建築にまつわる話が紹介されています。 語り部は次男の内藤多四郎さんです。 ★『致知』最新号の詳細・ご購読はこちら ─────────────────── 1957年...

続きを読む

スポンサードリンク