遺伝子により人は生きながらにして生まれ変わることができるのです 第 2,094 号

『致知』で「生命科学研究者からのメッセージ」
を連載されている筑波大学名誉教授の
村上和雄先生が4月13日、逝去なさいました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

村上先生は長年、『致知』をご支援いただいた
識者のお一人です。

遺伝子工学の世界的権威として高名な先生です
が、遺伝子を研究する中で、その構造や働きが
偶然に生まれることはあり得ず、「人智を超え
た偉大なる存在」なしに到底説明は
できないという結論に至られました。


先生は「人智を超えた偉大なる存在」を
「サムシング・グレート」と名づけられ、
その言葉は仕事のジャンルや世代を超えて
広く人々に知られるようになりました。

先生の偉大なご功績は
いつまでも後世に語り継がれることでしょう。

ご生前の村上先生を偲び、
ご著書『スイッチオンの生き方』(致知出版社)
から心に残る言葉をご紹介します。

★『致知』最新号にも村上先生の連載は掲載

されています。
こちらから

───────────────────

【人間の無限の可能性】
眠っている遺伝子のスイッチをオンにすることが
できれば、「こうあってほしい」と望むような
ことは、ほぼ100%可能といってもいいと
思います。

それどころか、頭で考えて「こんなことはダメ
だろう」と思うようなことも可能にする能力を、
私たちの遺伝子は持っていると考えられます。


科学的に見た可能性の限界など、全く意味が
ありません。人間の想像をはるかに超えた
情報が、遺伝子には書き込まれているのです。

【能力の差を生むもの】
人間という存在を遺伝子レベルで見れば、
学校の成績が良かろうが悪かろうが、
身体が強かろうが弱かろうが、
99.5%以上は誰でも同じです。


能力に差があるとすれば、遺伝子を眠らせて
いるか、目覚めさせているかの違いだけです。
その違いは、心のありようや環境などによって
生じます。

人との出会いや環境の変化などによって、眠れる
遺伝子のスイッチがオンになるとき、人は生き
ながらにして生まれ変わることができるのです。

【サムシング・グレート】
万感の書物に匹敵する膨大な遺伝子情報を極微
な空間に書き込み、しかも、それを一切の休み
なく作動させている遺伝子とは、まさに奇跡と
しか表現のしようがないものです。


人間の理性や知性をはるかに超えたものの働き
によって誕生したと考えるしかありません。
私はそこに人智を超えたものの存在を感ずるの
です。

そういう存在を、「偉大なる何か」という意味で、
私は「サムシング・グレート」と呼んできました。

【生かされている生命】
人間の生命については、まだわからないことだら
けなのです。呼吸にしても、血液循環にしても、
人間の力で調和的に持続的に働かせることは
不可能です。

しかし、それでも私たちは生きている。
何もわからないままに──。
そう考えてみると、いったい私たちは何事が
起こっているのかと思うのです。


これは「生きている」というようなものでは
なくて、「生かされている」というしか
ありません。


【生き物を生かす不思議な力】
サムシング・グレートとは、具体的なかたち
を提示して、断言できるような存在では
ありません。


大自然の偉大な力ともいえますが、神といって
もいいし、仏といってもいいような存在です。
とらえ方は自由なのですが、ただ、私たち生命
体の大本には何か不思議な力が働いていて、
それが私たちを生かしている。


私たちはそれによって生かされている、
という気持ちを忘れてはいけないと思います。

★『スイッチオンの生き方』(致知出版社)

こちらから

★人間力を磨き高めるヒントが満載の月刊

『致知』。

最新号の詳細・ご購読はこちら

 今回も最後までお読みくださり、

   ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください