“自分、自分、自分”という生き方には限度がある 第 2,058 号

新聞広告を出させていただき、
本当にたくさんの方から大きな反響、
感動の声をいただいている最新号
「稲盛和夫に学ぶ人間学」。

京セラ創業者の稲盛氏が実体験から導き
出した教え、その哲学のエッセンスが
凝縮された一冊です。


本日は最新号より、シンガー・ソングライター
の長渕剛さんが稲盛氏から教えられた「大事な
人生訓」をご紹介します。


稲盛哲学のエッセンスが詰まった最新号
「稲盛和夫に学ぶ人間学」が発刊!

大注目のラインナップはこちら
───────────────────

(長渕)
稲盛名誉会長からは大事な人生訓を
いつもマンツーマンで聴かせていただいた。
それは僕にとって悦びだった。

心に残っている言葉はたくさんあるが、
やっぱり一番は「人のために生きろ」である。

「自分の命は自分のものではない。
借りものだから、
生まれた時より少しでも魂を
美しく磨いてお返しするんだ」

「〝自分、自分、自分〟という生き方には限度
がある。そうではなくてこの人を喜ばせたいと
思った瞬間から、限度を超えていく」

こういったことはお会いするたびにおっしゃっ
ていたし、僕自身何となく分かるような気がする。
人生を振り返ってみると、悩みや不安、怒り……
そういう自分の想いを叫ばなきゃ生きていけなか
ったから、それを歌にして表現した。

そして、歌を聞いてくれる仲間が欲しかった。
ライブハウスから数をどんどん増やして、
1万、5万、7万、10万人という場所で
歌えるようになった。


僕らミュージシャンは素直じゃないところも
あるから、なかなか「おまえのために」なんて
ことは小恥ずかしくて言えない。

だけど、結局のところ聞き手がいなきゃ存在理由
がないし、悩んでいる人や生きづらさを感じて
いる人に向けて作詞をしたり歌を歌ったりして
いる気持ちは当然ある。
自己満足だけで終わっちゃ具合が悪い。……


この続きは
最新号「稲盛和夫に学ぶ人間学」でご覧
ください。豪華ラインナップはこちら 


★最新号の魅力が分かる!
最新号試し読みページはこちら

 今回も最後までお読みくださり、

   ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください