短期間で姿勢が改善する筋肉絞り体操とともに普及活動を始める 第 2,441 号

こんにちは、

岡田宰治です。

前回は「若返り筋ウォーキング物語」でした。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12742979841.html

今回は「若返り筋メソッド物語」です。

図入りはこちら

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12744219623.html

前回、歩行の重要性に気付いたことがキッカケで、

若返り筋ウォーキングが誕生するまで、

その30年近い道のりについて語りました。

何事もその動機やプロセスが大切だと思います。

今回は若返り筋ウォーキングとは切り離せない

若返り筋メソッドその20年近い航跡をたどります。

(筋肉絞り体操誕生!)

確か2003年だと記憶していますが、

筋肉の新理論を知ったところから始まりました。

「筋肉は、力を入れて縮めると太くなり、

力を入れて伸ばすと引き締まり軟らかくなる」

これは、わたしにとっては目からウロコでした。

なぜなら、

「筋肉は縮めることでしか鍛えられない」、

そう信じて疑わなかったからです。

しかし、パチッとくる直感があったので、

さっそく、この新理論を使って、

新種の筋トレを創ってみようと考えました。 

そして、試行錯誤しながら実験を繰り返し、

1年がかりで完成したのが筋肉絞り体操です

その後、わたしを含めた研究所員6名と、

数十人のクライアント様の協力を得て、

試作し検証を続けることになりました。

結果は研究所全員の柔軟性アップを確認、

アンケート調査による検証結果は、

9割以上は体が引き締まり柔軟性がアップしました。

そこで評判になったことから、

2007年には東証一部上場の大手企業に招かれ、

社内で講演する機会も与えられ好評でした。

それからは、治療終了時の予防体操として行う程度の地味な活動が細々と続きました。

流れが変わったのは2017年のことです。

パーソナルトレーニングの資格取得をきっかけに、

筋肉絞り体操を紹介したところ、

プロトレーナーの評価が高かったことで、

再び、脚光が当たるようになったのです。

以下が評価されたポイントです。

・靴を履いたままでも行える

・1回5分で行える

・2週間でボディラインに変化し全身が柔軟になる

・筋肉は引き締まり筋力もアップする

・短時間でスタンバイ状態がつくれる

2019年には80人のプロトレーナー相手に講習する機会にも恵まれました。

運動の準備体操や健康体操として

筋肉絞り体操の評判は良かったのですが、

まだ、歩行との関連性は見い出せないでいました。

当時は整体歩行の会の挫折を通じて、

歩行に有効な筋トレを模索中であり、

そのためのエクササイズを追い求めていました。

(天から降ってきたTSURUKAME体)

2018年、体幹と足腰の弱さを自覚して、

さまざまな強化運動を実践しているうちに、

腰回りのハミ肉が気になるようになってきました。

ハミ肉(贅肉)の特徴は、

動きの少ない関節や筋肉まわりに出現すること、

男女を問わず中年になると、

骨盤周辺にハミ肉がつきやすくなるのです。

筋トレを続けて出現したハミ肉ですが、

これは骨盤股関節まわりを積極的に使った結果として、

固まっていた脂肪が溶け出して出現したものでした。

それから数十冊の筋トレや体操の関連書籍を読み、

エクササイズの実験を繰り返しましたが、

特にピンとくる事はありませんでした。

そして数週間が過ぎ…、

そのことを忘れかかっていたある日のことです。

昼寝をしてぼやっとしていた時に、

TSURUKAME体操がダダァーッと一気に降ってきたのです。

一瞬のうちに8種類が頭に浮かんだので、

紙とペンを用意して忘れないうちに記録しました。

原理は筋肉絞り体操とよく似ていますが、

全く新しいエクササイズだったのです。

そこに、既存の「ペンギン体操」を加えて、

9種類としてTSURUKAME体操は完成しました。

さっそく、自分の体で1ヶ月試してみましたが、

結果は予想以上だったので驚きました。

そこで、急遽モニターを募集して、

1ヶ月間、毎日続けていただくという形で検証を実施。

その結果、短期間で姿勢が改善すること、

体幹のインナーマッスルが活性化すること、

贅肉が取れスタイルアップすることが分かり、

モニターのみなさまに喜ばれたことから、

筋肉絞り体操とともに普及活動を始めることにしました。

普及活動を進めるうちに、

この体操が歩行姿勢を改善させることにも気づき、

まるで抜けていたパズルが埋まるような感じで、

前回紹介の若返り筋ウォーキングも完成したのです。

これがこの30年のドキュメントストーリーの概要です。

最後までお読みくださり有り難うございます。

現在若返り筋メソッドの各エクササイズは、

多くの治療家やトレーナーが取り入れていますが、

この方々を通じて一般への普及をめざしています。

————————————–

若返り筋メソッドや健康寿命を伸ばす方法は、

毎月、認定トレーナーの皆様とともに、

無料Zoomセミナーでお伝えしています。

※書籍『若返り筋メソッド』アマゾンから発売中!

※「若返り筋メソッド」認定トレーナー制度について

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12128671549.html

————————————-

プライベートやブログに書けないことはメルマガで。

【岡田さいじの公式メルマガ】

https://www.reservestock.jp/subscribe/83936

————————————–

若返り筋メソッド座学&実習(少人数制)

・ 7月2日(土)18~20時(当研究所)座学+TSURUKAME体操

セミナーのお申し込みは↓から

https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/21054

『10年後の常識!健康のツボ』

第786号 2022年5月24日

発行者 健康水先案内人/岡田宰治

公式サイト http://ameblo.jp/baffaro7

人類健康化の水先案内人/岡田さいじ

さんのブログより転載許可を得て掲載

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください