心と身体を健やかに保つことを常々実行 第 2,007 号

2017年、105歳の天寿を全うされた
聖路加国際病院名誉院長・日野原重明医師。
生前、多くの人に親しまれた日野原医師の長生
きの秘訣とはどういうものだったのでしょうか。


20年にわたって親交を重ねてきた
遺伝子工学の第一人者・村上和雄氏の分析は、
実に示唆に富んでいます。

★『致知』最新号の案内はこちら

───────────────────

(村上)

それでは、日野原先生の長生きの秘訣は何で
しょうか。ご自身で述べられているように、
先生は長生きを目標にされていたわけでは
ありません。

しかし若い頃に結核や心臓病を患ったのに、
同年代の方々より健やかでおられました。

私は先生の若さと健康の秘訣を知りたいと考え、
先生との対談やご著書を読んでいくつか分かった
ことがあります。

それは、心と身体を健やかに保つことを
常々実行されていたということです。

その一つは、「恕(ゆる)す勇気を持つ」
ことです。

先生はある時、大切にしていたものを7歳の
お孫さんが壊してしまい、怒りのあまりきつく
咎めたそうです。

すると、「わざとやったわけではないのに」と
でもいうようにキッと睨み返され、可愛い孫に
こんな敵意に満ちた目をさせてしまったことに
ショックを受けられました。


こちらが怒れば相手も怒る。孫を怒るべきでは
なかった。
愛情をもって叱るべきだったと反省されたそうです。

そして、恕す勇気を持つように努めたそです。


先生は、一般によく使われる「許す」や「赦す」
よりも、「恕す」という漢字にゆるすという
本質的な意味を感じておられました。


この漢字は、「心」の上に「如」という文字が
載っています。つまり、ゆるすとは誰かに許可
を出すとか悪いことを赦すということではなく、
「相手のことを自分の如く思う心」
という意味だと考えておられたのです。

「恕すのは相手のためではなく、自分のための
行為なのです。恕せない心を持ち続けるのは
しんどいことです。

だから恕すことで、私たちは楽になれるのです」
と語っておられました。

(『致知』2020年12月号「生命科学研究者

                                  からのメッセージ」より)

※村上和雄氏も『致知』を愛読されています

コメントはこちら

致知出版社の人間力メルマガ

 今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください