大切なことは正しい道を踏みしめて一歩一歩前に進むことだ 第 2,326 号

数多くの著作を出版されている稲盛氏ですが、
弊社からも多数の書籍をはじめ、CDやDVD
も刊行しております。

本日は、昨年10月に刊行されるや、たちまち
5万部を突破するベストセラーとなった
『稲盛和夫一日一言』から、
心に響く言葉をご紹介します。

(ここにご紹介するのは、ほんの一部です。
ぜひ366の言葉に触れていただければ
幸いです)

……………………………………………
『稲盛和夫一日一言』より
……………………………………………

◆1月10日 強烈な願望を持つ

願望を成就につなげるためには、
並に思ったのではダメだ。
生半可なレベルではなく、強烈な願望として、
寝ても覚めても四六時中そのことを思い続け、
考え抜く。


頭のてっぺんからつま先まで
全身をその思いでいっぱいにして、
切れば血の代わりに「思い」が流れる。

それほどまでにひたむきに、強く一筋に思うこと。
そのことが、物事を成就させる原動力となる。


◆1月11日 成功するまで諦めない

成功するかしないかは、
その人の熱意と執念に強く関わっている。
成功しない人は体裁のいい理由をつけ、
自分を慰め、すぐ諦めてしまう。

何かを成し遂げたいなら、狩猟民族が槍一本を
持ち、どんなに雨風が吹こうと、獲物の足跡を
何日も追い続け、その住処を見つけ、
つかまえるまで決して諦めないというような
生き方が必要だ。



◆1月12日 経営はトップの器で決まる

経営者の人格が高まるにつれ、
企業は成長発展していきます。
私はそれを「経営はトップの器で決まる」
と表現しています。

会社を立派にしていこうと思っても、
「蟹は甲羅に似せて穴を掘る」というように、
経営者の人間性、いわば人間としての
器の大きさにしか企業はならないものなのです。


◆1月13日 一歩一歩前に進む

手練手管を駆使し奇策を弄して、
付焼刃の成功を収めたとしても、地に足の
着かない栄華が長く続いたためしはない。
大切なことは正しい道を踏みしめて、
一歩一歩前に進むことだ。


◆1月14日 着実に歩む

いつも高く掲げた目標ばかりを見ていても
ダメなのです。あまりにも遠い道のりを
歩こうと思うと飽きもするし、自分の力の
なさを感じてしまって頓挫してしまいます。

高く掲げた目標は潜在意識にしまっておいて、
一日一日を着実に歩み続けると、とてつもない
ところまで歩いていけるものなのです。

致知出版社の人間力メルマガ

 今回も最後までお読みくださり、

     ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください