「 信念・心意気 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
他人を大切にしている人はどんなことが起きても強い 第 3,036 号

他人を大切にしている人はどんなことが起きても強い 第 3,036 号

 与え続けることでかならずいつかは自分の ところに返ってくる。本書では、「与える」 ことの大切さと、その具体的な実践方法を 31の"黄金ルール"として紹介。聞き手は、 日本の成功法則の元祖ともいえる藤本 憲幸氏! 兄貴の「与え方」の秘密を 藤本氏が、わかりやすく解説します。  人生を育む人助けの法則、従業員から支持 されるためには従業員の家族化計画「隣人 に幸あれ」は万人に対...

続きを読む

特別な集中状態に入ると驚異的な力が発揮できる = 2-1 = 第 3,032 号

特別な集中状態に入ると驚異的な力が発揮できる = 2-1 = 第 3,032 号

科学の進歩は、 人間の可能性を大きく開いてきましたが、 幸福を実現する道について、 最新の脳科学がどのようなことを 示唆しているのでしょうか。 「脳磨き」を提唱する岩崎一郎さんが解き明かす、 幸せになるための脳の使い方、鍛え方とは──。 ───────────────── <岩崎> ……脳は何かに一所懸命取り組んでいる時に 働いているというのがこれまでの常識でし...

続きを読む

真の意味での「魔」がないんです 第 3,029 号

真の意味での「魔」がないんです 第 3,029 号

経済小説の先駆者として知られた 作家の城山三郎氏。 『致知』2005年2月号にご登場いただいた際、 「創業の精神」をテーマに、いくつもの 印象深いお話を聴かせてくださいました。 本日はその記事の一部をご紹介いたします。 ……………………………………………   いろいろな創業者にお会いして、 その人生観の根本に感じる 共通項のようなものはあります。 人生を賭けて...

続きを読む

良い結果も悪い結果も突発的に起こるわけではない 第 3,026 号

良い結果も悪い結果も突発的に起こるわけではない 第 3,026 号

 二千年前、アラブの貧しい少年ハフィドが、 史上最強の大商人になった成功の秘訣が語 られる。その秘訣とは古代から伝わる 秘密の巻物に記され、この巻物を手 に入れ、その教えを実践した者は 誰でも地上最強の商人になれる という。  少年ハフィドは不思議なめぐりあわせで十巻 の巻物を譲り受け、巻物の教えをひとつひと つ実行し、アラブ一の大商人へと成功して いく。 寓話の中で...

続きを読む

逃げる準備をしておくということが肝心なり 第 3,024 号

逃げる準備をしておくということが肝心なり 第 3,024 号

 ある日突然反故にされた共産党と上海人との 黙約の契約/コツコツとつくり上げてきた 共産党への信頼は覆った。  またもや共産主義化する中国から金持ちが逃げ 出していく/日本で45年もかかった生産数減 を中国は6年で達成。中国への関与政策は オバマ政権時代にすでに終わっていた/ 中国で通じる「台湾統一のために みんなで我慢しよう」  経済損失や失敗よりも何もやらないリスクの...

続きを読む

聴く者の心に知らず知らず火を点ける力を持っています 第 3,023 号

聴く者の心に知らず知らず火を点ける力を持っています 第 3,023 号

今から約170年前、 日本に黒船が来航した当時、 勝海舟は31歳、 西郷隆盛は27歳、 吉田松陰は24歳、 坂本龍馬は19歳、 福沢諭吉は19歳、 大隈重信は17歳、 高杉晋作は15歳、 伊藤博文は13歳でした。 この若者たちが、 「これは日本の危機だ」と立ち上がったことで、 列強の属国とならず、 独立国として今の日本が存在していま...

続きを読む

若返り筋の活性化に必要な筋肉絞り体操は毎朝実践 第 3,020 号

若返り筋の活性化に必要な筋肉絞り体操は毎朝実践 第 3,020 号

こんにちは、 岡田宰治です。 前回は「肩の痛みは原因が股関節だった」でした。 今回は〃「歩幅が狭くなった(ウォーキングクリニック)」〃です。 ※図入りはこちら 前回は肩の故障を招いたのは、 股関節の硬さが原因だったというお話でした。 今回は「ウォーキングクリニック」と題して、 「最近、歩幅が狭くなってきて不安」という、 Mさんのお悩みにフォーカスします...

続きを読む

人間は誠実に懸命に自分の仕事に打ち込めば必ず世間が助けてくれる 第 3,019 号

人間は誠実に懸命に自分の仕事に打ち込めば必ず世間が助けてくれる 第 3,019 号

「生涯現役」で生き抜くための心得を 自らの実体験を通して綴り、 読者の方々から人気を呼んでいる 田中真澄氏の連載 「人生百年時代を生きる心得」。 最新号の中から、 その一部をご紹介いたします。 ……………………………………………… 独立したその頃(1979年・昭和54年)は、 大企業の管理職にある者が自営を図るなど 正気の沙汰ではないと考えられていました。 と...

続きを読む

どの瞬間も無駄が許されない真剣勝負なのです 第 3,018 号

どの瞬間も無駄が許されない真剣勝負なのです 第 3,018 号

東京都足立区・鹿浜。JRも地下鉄もなし、 〝陸の孤島〟と揶揄される辺鄙な場所に、 世界中から注目を集める焼き肉屋があります。 店の名は「スタミナ苑」。 席数50席のいたって平凡な店構えですが、 驚くのはその行列です。2時間待ちは当たり前。 長い時は4時間を要するほど。 何しろ予約は不可で、 総理大臣や芸能人であっても 並んで入店すると言います。 今回取材をさせていただい...

続きを読む

常に明るく愚痴を言わず信じてくれた母の存在 第 3,014 号

常に明るく愚痴を言わず信じてくれた母の存在 第 3,014 号

月刊『致知』最新号の特集テーマは、 「丹田常充実」です。 本特集のテーマに込める思いを綴った『致知』 主幹による総リードの一部をお届けします。 ………………………………………………… 浅野セメント、日本鋼管などの創業者・ 浅野総一郎が新潮社の創業者である 佐藤義亮にこう言ったという。 「大抵の人は正月になると、 また一つ年を取ってしまったと言い、  殊に年配にな...

続きを読む

スポンサードリンク