40年の治療家人生の集大成でもあります 第 2,420 号

こんにちは、

岡田宰治です。

前回は「男性更年期には股関節の運動」でした。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12736647282.html

男性更年期障害にはお腹まわりの脂肪を減らす筋トレ、

股関節をダイナミックに動かすことが必要という内容でした。

図入りはこちら

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12737878086.html

今回は「若返り筋ウォーキングと他の方法の違い」です。

やや堅苦しい内容ですが、

理論のところを整理してみたいと思います。

・若返り筋とは

若返り筋ウォーキングは、

大腰筋を柱としたインナーユニットを使った歩き方です。

もう少しかみ砕いて解説しましょう。

インナーユニットというのは、

体幹の中でも胸郭より下にある、

上は横隔膜、下は骨盤底筋群、横は腹横筋、後ろは多裂筋で構成された、

インナーマッスルの枠組みのことを指します。

わたしが若返り筋と呼んでいるのは、

インナーユニットという枠組みの中に存在する、

大腰筋を柱とした姿勢筋とインナーユニットを合わせた、

枠組みではなく実質のことをいいます。

・若返り筋メソッドとは

筋トレやウォーキングなど運動の際は、

まず初めに若返り筋を軽く緊張させ、

そこから他の筋肉が連動して動くというイメージです。

この流れで運動する方法を、

若返り筋メソッドと呼んでおり、

現在、筋肉絞り体操9種と、

TSURUKAME体操9種が発表済みです。

筋肉絞り体操とTSURUKAME体操の違いは、

同じ理論の運動ですが目的が違います。

筋肉絞り体操は、

若返り筋をメインに全身の活性化として、

そして習慣化により美姿勢が保てるので、

始業体操や準備体操として使われています。

TSURUKAME体操は、

弱った若返り筋の補強として、

若返り筋の再生強化で美姿勢ができるので、

おもに若返り筋の筋トレとして使われています。

・若返り筋メソッドの目的

つぎに若返り筋メソッドの存在意義、

なぜ必要なのかということですが、

人類健康化のためにでは漠然としているので、

箇条書きで示します。

1.健康寿命を伸ばすためのメソッド

運動不足の中高年向けに考えられた運動法です。

2.インナーマッスルの再生法

数少ないインナーマッスル優先の運動法です。

3.ストレッチと筋トレのW効果

ストレッチの効果を兼ねた楽な筋トレです。

4.いつでもどこでも誰でもできる

狭いスペースで靴を履いていてもできる運動です。

5.しなやかで引き締まった体がつくれる

筋肉が引き締まり脂肪が減るので健康的な体ができます。

6.筋力、バランス力、柔軟性が手に入る

この3つの力がバランス良くアップします。

7.体軸が整いゆがみが取れる

骨盤や背骨まわりの筋肉を積極的に使うので軸が整います。

・若返り筋メソッドと他の運動の違い

運動とは体を動かすことだから、

どれも似たようなものと考えている人もいますが、

運動によってまるで違う特性があります。

ここでは、若返り筋メソッドの特徴を示します。

1.筋肉に力を入れて伸ばす

筋肉に力を入れたまま筋肉の伸張力で伸ばすのが特徴です。

2.伸ばすと捻るを組み合わせた運動

伸ばすに捻りを加えてより効率よく伸張する運動を行います。

3.8秒間息を吐き続ける

息を吐き続けることで心肺機能と自律神経を刺激し精神を安定させます。

4.長い手足を使う

腕は胸骨の上から脚は胸骨の下から生えているイメージで動かします。

5.まず若返り筋から起動する

体を動かすときはまず若返り筋を起動させる習慣をつけます。

これ以外にもう一つ、

若返り筋ウォーキングという歩行法がありますが、

元々はこの歩行法をだれもが実現するために

若返り筋メソッドはつくられたという経緯があります。

・若返り筋ウォーキングとは

では、若返り筋ウォーキングとはどんな歩行なのか、

ここについて簡単にまとめてみましょう。

若返り筋ウォーキングとは、

大腰筋を柱としたインナーマッスル群である

若返り筋を活性化させた歩き方といえます。

若返り筋を活性化させるということは、

これらのインナーマッスルを伸張させることで姿勢を整え、

骨盤と股関節そして背骨を中心として、

全身の関節をくまなく使った歩き方です。

この歩き方が定着し、

いつも伸び伸びとした姿勢で歩くことができれば、

すべての内臓機能を活性化します。

このように若返り筋ウォーキングは、

骨格と内臓の両方を整えられるセルフケア法であり、

たいへん効率の良い健康法だといえます。

これを1回30分以上、

週に3回以上歩く習慣をつければ、

健康寿命を伸ばすためにも、

生涯現役人生のためにも欠かせない、

重要なポイントを押さえることができます。

さらに若返り筋メソッドの筋トレを加えると、

筋力と柔軟性までカバーできるので、

これらは鬼に金棒の健康習慣となります。

・若返り筋ウォーキングの特徴

下の解説はまたの機会に譲りますが、

とりあえず効能書きだけを示します。

1.インナーマッスルを効率的に使った歩行

2.骨格を整えられる歩行

3.内臓を整えられる歩行

4.心を整えられる歩行

5.シルエットが若返る歩行

6.生涯現役で健康寿命を伸ばす歩行

今回は、ダイジェストのような内容となってしまいましたが、

これが歩行整体という仕組みの中では、

第二の矢、第三の矢の概説と重なる部分です。

ここに第一の矢である潤滑整復術が加わると、

回復~若返りまでのステップアップ法が明確となります。

40年の治療家人生の集大成でもありますが、

時代の変化に合わせて更新する必要があるので、

インプットとバージョンアップに追われる日々です。

————————————–

若返り筋メソッドのことや健康寿命を伸ばす方法は、

毎月、認定トレーナーの皆様とともに、

無料Zoomセミナーを行っています。

※書籍『若返り筋メソッド』アマゾンから発売中!

※「若返り筋メソッド」認定トレーナー制度について

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12128671549.html

————————————-

プライベートやブログに書けないことはメルマガで。

【岡田さいじの公式メルマガ】

https://www.reservestock.jp/subscribe/83936

————————————–

若返り筋メソッド座学&実習(少人数制)

・ 6月5日(土)18~20時(当研究所)座学+筋肉絞り体操

セミナーのお申し込みは↓から

https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/21054

『10年後の常識!健康のツボ』

第781号 2022年4月19日

発行者 健康水先案内人/岡田宰治

公式サイト http://ameblo.jp/baffaro7

人類健康化の水先案内人/岡田さいじ

さんのブログより転載許可を得て掲載

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください