自分が人間として大きくなることだと思っています 第 2,301 号

日本人史上2人目となる
アメリカン・リーグMVPを獲得した
エンゼルス・大谷翔平選手。
『致知』2019年4月号では、
大谷翔平選手らを輩出した
北海道日本ハムファイターズを率いる栗山英樹
さんと、新国立競技場の設計に携わった
建築家・隈研吾さんに対談していただきました。

ともに「教育者」のプロフェッショナルである
お二人が語った、一流の仕事の要となる
「人間力」とは――。

───────────────────

〈隈〉
話は新人教育に及びましたが、
栗山さんが大谷選手などをどのように
育てられたかといったお話も、ぜひ聞きたい
ですね。

〈栗山〉
僕が特別に何かをしたから
彼が育ったというわけではありません。
ただ、僕が意識したのは前例がどうだとか、
野球とはこういうものだとかいう先入観をいか
に自分自身が払拭できるかということでした。

真白な感覚で大谷翔平という選手を見た時に、
投手としても打者としても
絶対に世界に通用することは確かでした。

僕如きが自分の感覚で彼の可能性を閉ざす
ようなことがあってはいけない、決められる
のは野球の神様だけだと思ったものですから、
技術的なことはほとんど翔平に任せて、
僕と球団のゼネラルマネジャー(GM)は、
それを削いでしまうような要因を
排除することに力を入れました。

それに、彼が成長する上では、根っからの野球
好きということも大きかったですね。

翔平を見ていて僕らも勉強になったのは、
いま隈さんが言われたように野球も結局は
人間がやるものだということでした。人間と
して駄目な部分は誰が見ても駄目なわけですし、
反対に欠点を改めて人間として成長していけば、
野球選手としても成長していく。
その手本を示してくれたのが翔平だったんです。

〈隈〉
なるほど。

〈栗山〉
翔平には
「野球が上手くなりたい。
そのためには何でもやります」という
はっきりしたスタンスがありましたから、
人間学の教えを含めて彼の成長のために
我われはやれる限りのことをしました。

だからといって何かを無理強い
したことはありません。うちのチームの
特徴として、必要以上に何かを
教えたりすることはしないんですね。
普段は黙って練習や試合を見ていて、
何かを聞かれた時に「こういう
方向がいいんじゃないか」と教える。
翔平をはじめ選手たちの成長を見ていると、
この指導の方向で間違ってはいなかった
という感覚を抱きました。 

だから、その分、
僕たち指導者の勉強が欠かせないんです。
選手たちよりも10倍は勉強しないと
彼らの成長に追いつかないし、
人間的に成長させてあげることができない。

指導者としての僕の課題は自分が人間として
大きくなることだと思っていますので、
だからこそ過去1000年、2000年の間、
様々な苦しみを味わいそれを乗り越えてきた
先人たちの教えにも積極的に学んでいる
わけです。

★いま求められるのは人間力。
あなたの人間力を高めるヒントが満載の
月刊『致知』、詳細・ご購読はこちら 

致知出版社の人間力メルマガ

 今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝! 

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください