私たちはもっと子どもたちの可能性を信じるべきだ 第 2,328 号

    齋藤孝先生が
 
  全国民に贈る国語教科書



子どもたちに
一生の宝となる日本語力を身につけ、
知性を身につけてもらう。
それこそが次の世代にできる
最高の贈り物である――。

そんな信念のもと、齋藤孝先生が
1年半の歳月と、渾身の思いを込めて作った
「理想の小学国語教科書」。

手に取られた方は、その分厚さに驚かれ、
子どもには難しいのではないか……と
感じられるかもしれません。

しかし、子どもが難しく感じないようにという
大人の配慮で作られた教科書からは、
古典などの硬い読み物が減って、
知性の精度が下がり、それに伴い、
子どもの国語力もどんどん
低下してしまっているのが現状です。

そんな中、

「私たちはもっと子どもたちの可能性を
 信じるべきではないか」

という齋藤先生の思いと、

「国語力を向上させる最も効果的な学習は、
 名文に親しむこと」

という方針に沿って、本書に収録したのは、


・夏目漱石や芥川龍之介、
 ゲーテやシェイクスピアなど文豪の名作

・『源氏物語』『徒然草』などの古典

・宮沢賢治や金子みすゞの詩歌

・坂本龍馬が姉に綴った手紙

・マララさんの国連本部でのスピーチ

・向田邦子さんの名エッセイ「字のない葉書」

・松任谷由実、中島みゆき、宮本浩次、
 米津玄師など現代ヒット曲の歌詞


……などなど、全138作品。

いずれも齋藤先生自身が、
国語力を伸ばすうえで
最高だと考える作品を厳選し、
余すところなく掲載しています。

中でも「レモン」を題材に、

・梶井基次郎の小説「檸檬」
・高村光太郎の詩「レモン哀歌」
・さだまさしの歌「檸檬」
・米津玄師の歌「Lemon」

を時代順に並べて紹介するような芸当は、
齋藤先生ならでは。

また、全漢字に読み仮名を振り、
語彙力・漢字力・文章力を鍛えるとともに、
すべての作品に齋藤先生からの設問や
ていねいなポイント解説を加えることで、
自分で考える力や読解力が身につく
内容になっています。

540ページ以上もある、
この分厚く、難しい教科書を
小学校6年間で読み切ったという体験は
必ずやその後の人生を歩んでいく自信となり、
支えともなることでしょう。

子どもたちへのプレゼントに
最適の一冊です。

また、本書は小学生だけのものではなく、
大人が読んでも思わず胸が熱くなる名文が
ぎっしり詰まっています。

もう一度、小学校へ入学する心持ちで
心が奮い立つような感動を
味わっていただきたい――。

そんな熱い思いをもってお届けする、
全国民に贈る国語教科書です。

…………………………………………………

――大人も子どもも、一生学べる永久保存版


『齋藤孝の小学国語教科書 全学年・決定版』

  齋藤孝・著

  定価=本体2,600円+税

致知出版社の人間力メルマガ

 今回も最後までお読みくださり、

     ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください