皆.助けられるものなら助け出したかったはずです 第 2,402 号

2006年、53歳で末期がんを宣告された松野三枝子
さんは、東日本大震災の発生当時、後に津波で
壊滅的な被害を受ける南三陸町の病院に
入院中でした。


間一髪で命を助けられ、翌日から重篤な状態に
あった体を必死に動かし炊き出しを開始。
すると3か月後の精密検査で、全身に驚くべき
変化が起きていたといいます。これは大きな
悲しみの中で生まれた、貴重な証言です。

───────────────────

(松野)

あの日のことは忘れもしません。2週間ぶりに
点滴の針を抜いてお風呂に入れることになり、
一人で浴槽に浸かっていた時でした。


14時46分、激しい揺れが襲い、湯船の中で
グルングルンと引っ掻き回されました。

私は昭和35年、小学校1年生の頃に三陸海岸を
襲ったチリ地震の津波で3歳だった妹と祖母を
亡くしています。その経験があったため、
地震が来た瞬間、海から400メートルしか
離れていない病院の3階にいた自分は
助からないと半ば諦めました。

ところが最後のダダンッという大きな揺れに
よって、私はお湯と共に廊下に放り出された
のです。

たまたま看護師さんが私を見つけてくれ、
必死にバスタオルを1枚体に巻きつけ、
2人で屋上めがけて走りました。
窓から外の様子を見ると、
5メートルはあった防潮堤の上に、
真っ黒い津波が押し寄せるのが見えました。

病院は市内で比較的高い建物だったため、
近所の方も避難してきており、院内は大混雑。
何とか非常階段に辿り着き、3段目に足を掛けた
時でした。ゴゴーッという恐ろしい音と共に
ものすごい勢いの水が押し寄せてきたのです。

私は上にいた方に手を引っ張っていただき、
間一髪で水に呑まれずにすみましたが、すぐ
後ろにいた方や点滴を刺したまま階段に
うずくまっていた方が、まるでぬいぐるみの
ように軽々と、一瞬にして水の中に消えて
いきました……。


やっとのことで屋上に辿り着いたものの、
助かったことに安堵する間もありませんでした。
目の前でどんどんと人が流され亡くなって
いくのです。


ある若い男の子がガスボンベに必死にしがみ
ついたまま病院のすぐ横に流されてきました。
「助けてくれ!!」と大声で叫んでいるのが
聞こえます。

でも、屋上から手を伸ばしても届かない。
しばらくすると濁流の中でガスボンベが垂直に
立ってしまい、重さで沈み始めました。
その男の子は叫びながら最後の最後まで
手を伸ばしてもがいていましたが、
ガスボンベと共に沈んでいきました。

その後間もなく、真っ赤な軽自動車が
内陸に向かって病院の前を流れてきました。
見ると若い女の子がハンドルを必死に掴みながら
号泣している。おそらくエンジンが故障し、
ドアも窓も開かないのでしょう。


屋上にいた人たちと、山まで流されて木の
枝に引っかからないかと祈りましたが、
引き水になった時、その赤い車が
今度は海に向かって流れていきました。

皆、助けられるものなら助け出したかった
はずです。でも何もできなかった……。
防潮堤の上まで車が流されたその瞬間、
パシャンと海に消えていきました。
屋上にはただ虚しく、幾人もの人が「わーっ」
と叫ぶ声だけが響き渡りました。

こんな若い子たちが流され死んでいく。
そんなことが許されていいはずがない。
薬漬けで末期がんの自分が
あの子たちの身代わりにならなくちゃ……。

泣いている私に、看護師長さんはぴしゃりと
言いました。「松野さん、泣いている暇は
ないんだよ! 私たちは神様から生かされた。
助かった私たちは生きなければならないのよ」と。

※『致知』2020年4月号

      「命ある限り歩き続ける」より

★震災後、松野さんに起きる奇跡については
WEBchichiをご覧ください。
こちらから

致知出版社の人間力メルマガ

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください