生涯現役で自由がきく人生を送れる人を増やしたい 第 2,440 号

こんにちは、

岡田宰治です。

前回は「認定トレーナー紹介【池下敦子さん】」でした。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12741671651.html

今回は「若返り筋ウォーキング物語」です。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12742979841.html

先日、専門家の皆様に対し、

若返り筋ウォーキングのセミナーを行いましたが、

若返り筋ウォーキングに行き着くまでの経緯について、

お話しした内容をまとめてみました。

・なぜ若返り筋ウォーキングができたのか

この若返り筋ウォーキングの基になる

歩行法に出会ったのは30歳まで遡ります。

その歩行法研究の大家は、

最先端の治療法の開発や、

歩行で病気を治す研究をされていました。

当時のわたしはむちうちの後遺症と

ギックリ腰からの腰痛症に悩まされていました。

どちらも20歳の時に起こしたのですが、

それ以来、痛みや不調が続いていつも体調が悪く、

30歳まで10年間経っても治らなかったのです。

そんな状態だったので、

先生から教わった歩行を実践することにしました。

その歩き方を続けていくうちに、

腰痛もむち打ち後遺症も改善していきましたし、

交通事故によるむち打ちで苦しんでいた妻も歩き、

2年以内に日常生活に支障が無いところまで回復しました。

こういう体験を通じて、

私はこの歩行を広めていくことが、

人々を元気に出来るんじゃないかと思って、

自分でいろいろ実験したり、

患者様への歩行指導を始めたのです。

ところが、それが躓きの始まりで、

歩行指導を熱心にするほどに患者様の評判が悪くなりました。

なぜなら、治してくれたらそれでいいのに、

歩行の指導など余計なお世話だというわけで、

こちらは先を見越して考えてよかれと思っても、

上手く伝わらず、

やればやるほど逆効果となっていったのです。

元気になって欲しい一心だったのですが、

ニーズが違うということを分かっていなかったのです。

・本格伝道スタート

2011年からは夏も冬も休むことなく、

整体歩行の会と称して毎週近くの公園で、

昼休みに数十人の人達を相手に、

ともに歩き指導もしていたのですが、

そこで分かったことがありました。

4年間で数百人の方と歩いたのですが、

本当に正しい姿勢で歩けるようになった人は

ほとんど居なかったことです。

結局、歩き方を教えただけではダメなんだという結論が出ました。

まず、治療をやれば不調は改善する、

そして歩けばさらに良くなるはずなのにそうはならない、歩行だけでは良くならない「なぜだろう」と、

そこで躓き考えあぐねた末に、

若返り筋の再生という答えにたどり着きました。

教えたときは上手く歩けているように見えても、

次に会ったときには元に戻っているのです。

根本の何かをこちらが分かっていないので、

結局、「何の役にも立てていない」

その事実に気づいたわけです。

治療は目指していたところまでは究めました、

そこから先は歩行で元気になるはずなのにならない、

この二つの組み合わせが最高だと思っていたのに

何か足りない。

歩行整体でいえば、

第一の矢(回復)と第三の矢(自立)がありますが、

この間に第二の矢(補強)が必要だと気づき、

掘り下げると若返り筋の強化がツボだと気づき、

ようやく抜け落ちていた部分が見つかったのです。

・最終目標は元気で自立できる人づくり

最終目標は元気で自立できる人をつくりたいわけで、

ずっと通い続けてもらうことが目的ではないんです。

だから、そのための方法論として、

若返り筋メソッドという体操を通じて、

正しい姿勢で歩ける体に再生し、

若返り筋ウォーキングで自立できる人をつくりたい。

正しい姿勢で歩くための体づくりこそが、

若返り筋メソッドの本当の目的なんです。

おかげさまで、多くの協力者に恵まれたことで、

そして多くの皆様に実践していただけたことで、

良い結果が出ることで、

理論が間違っていないことが証明できました。

この間に自分たちの体の不調はすべて消失し、

弱かった体力もトレーニングで強化して強靱となり、

還暦にして生涯で最高の体力や健康も手に入りました。

・筋トレとウォーキングは健康の両輪

不調がある場合は治療が必要ですが、

そこからステップアップし

本当の健康な体を手に入れるには、

さらに健康寿命を伸ばすためには、

筋トレとウォーキングの両方必要というのが結論です。

内臓の健康を守るためにはウォーキング、

運動機能の健康を守るためには筋トレ、

どちらか片方では不十分であり、

この両方が生涯を通じて必要だということです。

これができて生涯現役という願いが叶うのです。

・歩行整体とは

この回復~若返りまでのしくみを歩行整体といいます。

とはいえ歩行整体は一つの体系なので、

治療の部分は各専門家におまかせするとして、

第二の矢(補強)若返り筋メソッドの認定トレーナーを養成して窓口を増やし、その延長線上に若返り筋ウォーキングの普及を考えています。

最期まで介護のお世話になることなく、

生涯現役で自由がきく人生を送れる人を増やしたい、

これを一言で表すと「健康寿命を伸ばし生涯現役を支援する」となります。

治療家やトレーナーさんで志を同じくする方は、

ぜひメルマガ登録やセミナーにご参加ください。

————————————–

若返り筋メソッドや健康寿命を伸ばす方法は、

毎月、認定トレーナーの皆様とともに、

無料Zoomセミナーでお伝えしています。

※書籍『若返り筋メソッド』アマゾンから発売中!

※「若返り筋メソッド」認定トレーナー制度について

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12128671549.html

————————————-

プライベートやブログに書けないことはメルマガで。

【岡田さいじの公式メルマガ】

https://www.reservestock.jp/subscribe/83936

————————————–

若返り筋メソッド座学&実習(少人数制)

・ 7月2日(土)18~20時(当研究所)座学+TSURUKAME体操

セミナーのお申し込みは↓から

https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/21054

『10年後の常識!健康のツボ』

第785号 2022年5月17日

発行者 健康水先案内人/岡田宰治

公式サイト http://ameblo.jp/baffaro7

人類健康化の水先案内人/岡田さいじ

さんのブログより転載許可を得て掲載

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください