物事を成すには上に立つ者が人々に尽くさなければならない 第 2,375 号

2020年9月には、監督として通算600勝
という球界に名を残す功績をあげ、
これからは侍ジャパントップチームを率いる
重責を担う栗山英樹監督。

その栗山監督の根底には、固定観念に
捉われない采配や、選手の能力を最大限に
引き出す指導哲学がありました。

───────────────────

――栗山監督はプロ野球選手になりたいという
夢は、いつ頃からお持ちでしたか。

〈栗山〉
物心ついた時からそう思っていました。
というのも僕らの世代は野球しかなくて、
しかも王さん長嶋さんの時代だったので、
プロ野球選手になりたくてたまらないという
感じでしたね。


ただ、大学在学中には教員免許を取って一度は
教員になろうと考えたのですが、どうしても
プロ野球選手になることが諦めきれなかった。
それでプロチームの入団テストを受けて、
ヤクルト・スワローズにドラフト外での入団が
決まりました。


――夢に見たプロの世界はいかがでしたか。

〈栗山〉
失敗したな、と思いました。

――失敗した?

〈栗山〉
こんなすごい人たちが集まるようなところに
入っちゃいけなかったというのが、正直な
思いでした。

そう思ってしまうこと自体問題でしたけど、
それくらいプロの世界というのは
才能の世界なんだっていうことを
まざまざと感じさせられましたね。

さらに2年目にはメニエール病といって、
平衡感覚が狂う三半規管の難病に罹ってしまい、
現役時代はずっと苦しめられました。
ただ、それも含めて僕の才能なんだというふう
に受け止めようとはしていましたね。

――特に影響を受けた人物はいらっしゃいますか?

〈栗山〉
それは当時2軍監督だった内藤博文さんですね。
内藤さんは巨人にテスト生として入団した選手
の中で、初めてレギュラーになった方でした。
当時結果を出せずに苦しんでいた僕に対して、
内藤さんは「人と比べるな」って言ってくれた
のが、僕にはすべてでした。

――人と比べるな、ですか。

〈栗山〉
いまでこそ内藤さんのおっしゃるような考え
方は珍しくなくなりましたけど、
当時の野球界でそういう考えをお持ちの方は
ほとんどいなかっただけに、
僕は本当にそのひと言に救われました。

当然、プロの世界ですから人と競争して
生き残っていかなければいけません。
でも、他の選手と比べるよりも、
まずはきょうよりも明日、明日よりは明後日と、
少しずつでも自分自身の野球がうまくなって
いけばいいと、内藤さんは言ってくれました。

いま思い返しても、僕くらい落ちこぼれるという
のは、珍しいくらいの落ちこぼれでしたけど、
そんな僕の可能性を内藤さんは信じてくれた。
僕はそれが嬉しかったんです。
それに昨日の自分よりも少しでもうまくなれと
いうのならできるはずだと思って、内藤さんに
喜んでもらおうとひたすら努力しました。
 
――いまのお話は栗山監督の選手に対する姿勢
にも通じるものがあるように感じました。

〈栗山〉
選手を成長させ、輝かせるのが監督の一番の
仕事だと僕は思っていますからね。

徳川家康が愛読したとされている『貞観政要』
に、こんなことが書かれています。


唐王朝の2代皇帝・太宗が治めた貞観の時代、
城の門には石段が2段しかなかったといいます。
それで守りは大丈夫だったかというと、本当に
愛情を持って民に尽くしている王であれば、
民が守ってくれるから大丈夫だという話です。

物事を成すには、上に立つ者が
人々に尽くさなければならないことを、
歴史は証明しているわけで、
だからこそ僕も監督として、
どうすれば選手にとって一番いいことなのか、
ということだけを考え続けてきました。

(※本記事は月刊『致知』2017年3月号
特集「艱難汝を玉にす」より一部を抜粋・
編集したものです)


★最新号には栗山監督が対談にご登場。
詳細はこちら 

致知出版社の人間力メルマガ

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください