無数の縁で生かされていることを教えられた 第 2,398 号

渋沢栄一の令孫で100歳になられるいまも
エッセイストとして活躍中の鮫島純子さんは、
幼い日、家族と一緒に名古屋に向かう汽車の
中で偶然、新渡戸稲造博士と出会います。
その時の新渡戸博士と鮫島さんの会話から
博士の温かい人柄が伝わると同時に、
生きていく上で大切な考え方を教えられます。

お届けするのは、『致知』2006年6月号に掲載
された文学博士・鈴木秀子さんとのご対談
の一部です。


───────────────────

(鈴木)
そういえば、鮫島さんは子供の頃、
新渡戸稲造先生にお会いになったとか。
生きて新渡戸先生を知る貴重な存在ですね。

(鮫島)
あの時は父が名古屋方面に行く用事があって、
私も連れていってもらったのです。
わが家は普段の生活は質素でしたけれども、
父と汽車に乗る時だけは二等車に乗せて
もらいました。


当時の二等車はガラガラで、子供でも好きな
ように遊べたのですね。そのうちにだんだん
厭きてきましたら、後ろの席にいらっしゃる
おじいちゃまが私に紙切れをお渡しになった


見ると「お名前は何とおっしゃいますか」と
書いてあるのです。昔のことですから
「純子と申します」と書いてお渡しすると、

「お年はお幾つですか」とすごく丁寧な文字で
返してくださって、そういうやりとりを繰り返し
ているうちに、すっかり仲良くなりましてね。

(鈴木)
それが新渡戸先生だった。

(鮫島)
ええ。でもそんなことはもちろん知りません。
その方のボックスに入り込んでお話を伺っていると
「ご家族と一緒に楽しい旅ができるということは、
なんとお幸せなことでしょうね」とおっしゃって、
それにはたくさんの方々のご恩を受けてこそです
ねと説明してくださった。

そして私の指を一本一本折り曲げながら、誰のおか
げで旅に出られたかを考えるよう促されるのです。
「お父様、お母様、それから留守番の人々、
旅に出る服を整えた人、列車の運転手さん……」
というふうに。


(鈴木)
無数の縁で生かされていることを教えられた
のですね。


(鮫島)
そしてその種の尽きる頃に、「お天道様や
空気や雨もなくてはなりませんね。
それはどなたがくださったのでしょう」
と神の大いなる恵みの中で我われが生きて
いるという気づきを促されたのです。

だから神様への感謝を最初に知らせていた
だいたのは新渡戸先生だったのだなと
思います。


(鈴木)
旅で出会った見知らぬ子供にまで神様のことを
伝えようとされていたのですね。

(鮫島)
小さなチャンスを捉えて伝道といいますか、
神様の恩寵をお話しになっていた姿勢に、
私たちも学ばなくてはならないと思います。

旅が終わる頃になって、父が立ち上がって
「汽車から降りる支度をしなさい」という
意味でこちらを見ましたら、一高時代の恩師で
ある新渡戸先生がいらしたわけでしょう。

驚いた表情で「おや、先生じゃいらっしゃいま
せんか」と丁寧にご挨拶をすると、先生は「そう
ですか。あなたのお子さんでしたか。
遊ばせてもらいました」と笑っていらした。

私は優しい新渡戸先生のお顔を思い出すたびに、
いまも感動の気持ちでいっぱいになります。

※『致知』2006年6月号より

致知出版社の人間力メルマガ

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください