地理の勉強法はまず全体像をつかむ 第 2,288 号

 勉強方法の特徴として、学習参考書をどの

ように活用し、どのように反復するのか、

そして、どこが重要なのかを見極めら

れる学習参考書のガイドブックである。

 同時に、受験生の成長を止める最大の原因と

なる過度な緊張の克服、苦手意識の超越、や

る気の持続といった「メンタルの弱さ」を

取りのぞく方法も伝授。受験勉強におけ

る潜在意識活用のコツは、「絶対、

毎日できることをする」である。

 「絶対、毎日できること」を完璧に実行できる

ようになったら、こんどは「完ぺきに

できる教材」を1冊作る。

 薄っぺらい教材でいいので、完全

マスターした教材を作るのである。

 同じ教材を何回も繰り返してやる。ただ、

それだけ。その代り、最低7回はやること。

 同じ教材を7回解くことは、数学の感覚を

天才レベルまで飛躍させる唯一の方法。

7冊の別の教材をやるなら、同じ

教材を7回やったほうが70倍以上効果的だ。

 田村秀行の『田村のやさしく語る現代文』と

いう教材がある。問題文を含め、150ページ

しかない。1週間で1回できるので、

これを3回以上繰り返す。

 要するに、この教材に書いてある内容を、

すべて頭の中にコピーすればいい。

しつこく、しつこく読んで、

すっかり頭の中に写し取れてから次に進む。

 この完ペキに仕上げた教材が、「クモの糸」

を十字に組むワザとなる。この教材には「現

代文脳」に目覚めた田村さんの考え方が

100%、映っているから。

 現代文の力をアップさせるための秘法。

それは思考連続法である。志望校の

問題を毎日寝ても覚めても考え

続けること。そうすれば

「現代文脳」が目覚める。

 地理の勉強法は、まず全体像をつかむ。

 地図帳の世界地図をだいたいの形でいいので、

描けるようにする。注意するのは、赤道が

通る国、北緯30度の線が通る国、北緯

60度の線が通る国、南緯30度が通

る国。それらを全部覚えること。

 地図の記号は、だいたい覚える。

 地図帳の統計資料がある。世界191か国の

国名、場所、首都名、太い数字のだいたい

の値、おもな民族、おもな宗教、おもな

言語を覚えること。

南極流宗家『大逆転勉強法』

の詳細,amazon購入はこちら⇓

 今回も最後までお読みくださり、

   ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください