内臓の健康から骨格の健康までまかなえるようになります 第 2,050 号

こんにちは、

岡田です。

前回「ウォーキングで傷める理由」でした。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12656739182.html

今回は「若返り筋を再生したら次にやること」です。

  • 図入りはこちら

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12658041469.html

————————————–

『歩行整体』とは、

三本の矢による、

回復から若返りまでの整体システム。

第一の矢(回復)ゆがみの潤滑整復術

第二の矢(補強)ゆがみのトレーニング

第三の矢(自立)ゆがませないセルフ整体

現在、これらの見える化を図っています。

『若返り筋メソッド』電子本・単行本・アマゾンで発売中!

————————————–

(若返り筋を再生したら次にやること)

・若返り筋を再生する意味

若返り筋とは大腰筋を中心としたインナーマッスルですが、

これらの筋肉を再生する意味はいくつかあります。

特に強調したいのは姿勢が良くなることです。

若返り筋を構成する筋肉が軟らかくなれば、

背骨全体が軟らかく動くようになり、

体操を通じて猫背、巻き肩、前傾首も解消します。

これらの不良姿勢があれば、

いくら正しく歩こうとしても体がうまく機能しないのです。

そして、よく勘違いされることですが、

ウォーキングだけでは、

不良姿勢が良くなることはありません。

また、すべての関節が連動する正しい姿勢でなければ、

歩きながら全身のバランスを整えるという、

ウォーキングがもつ旨みを引き出すことは出来ないのです。

この正しい姿勢を再生することは、

効果的なウォーキングの大前提だといえるでしょう。

そこまできたら、

次の段階へステップアップできます。

——————————————-

プライベートやブログに書けないことはメルマガで。

【岡田さいじの公式メルマガ】

https://www.reservestock.jp/subscribe/83936

——————————————

・次は推進力を鍛える

若返り筋がうまく機能するようになれば、

シルエットが変わるので誰の目にも明らかな変化が出ます。

女性の場合はウエストラインが美しくなり、

男性の場合はより颯爽と若々しくなりますが、

この状態ではまだ十分な推進力は身についていません。

では、推進力をつけるには何をしたら良いのでしょうか。

ここからは脚力が必要になりますが、

特に大切なのは、

脚の後ろ側の筋肉を軟らかくかつ強くすることです。

そのためには、

ふくらはぎ~お尻の筋肉までの柔軟性と強化が必要です。

具体的にやることとしては、

ストレッチボードなどを使った、

腓腹筋やハムストリングスのストレッチがあります。

また、筋力強化法としては、

ゆるやかな傾斜道をウォーキングで上がることや、

平坦道であっても、

坂道をイメージして後ろ足で踏ん張るウォーキング、

全身を少し前傾させて壁を押す運動などがあります。

こういった推進力を増すための運動は、

若返り筋をうまく使いながら、

速歩のウォーキングで全身の骨格を整えるためには欠かせません。

そして、息が弾むぐらいの速さで歩けるようになれば、

内臓の健康から骨格の健康までまかなえるようになります。

ここまでくれば、

正しい姿勢で高速歩行が出来るようになるので、

さらに高度な異次元歩行も視野に入ってくるでしょう。

————————————–

若返り筋メソッド座学&実習(少人数制)

・4月13日(土)18~20時(天王寺)専門家向け

セミナーの日程は↓から

https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/21054

『10年後の常識!健康のツボ』

第721号 2021年2月23日

発行者 健康水先案内人/岡田宰治

公式サイト http://ameblo.jp/baffaro7

人類健康化の水先案内人/岡田さいじ

さんのブログより転載許可を得て掲載

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください