人間は大自然によって生かされていることを実感 第 2,162 号

誰かに嫌なことを言われて、ついムッとする。
激しく怒られて傷つき、落ち込んでしまう。
誰しもそんな経験はあるでしょう。
人の言動に振り回されそうになったとき、
そのマイナスの思いを消す「6秒の奇跡」と
呼ばれる方法があるといいます。


自分の欠点とどう向き合うか――
シスターであり、文学博士である鈴木秀子
さんのお話から、弱さを抱えつつ幸せに
生きる秘訣を学びます。


───────────────────

(鈴木)
人の言動で心が動いてしまいそうになる時、
それを防いでくれる「6秒の奇跡」と呼ば
れる方法があります。

例えば、誰かから激しく叱られたり罵倒され
たりしたような場合、「あっ、いま動揺して
しまっているな、傷ついたな」と客観的な目

で自分を観察し、6秒間呼吸を整えて心を
静めるのです。


そうすれば、マイナスの思いが消えていき、
気持ちを乗っ取られずに済むと言われています。
刺激に対してすぐに反応してしまえば、感情の
虜になってしまいます。


自分を冷静に観察するこの練習を続けていく
うちに、人の言うことはそれほど深いものでも
真実に根ざしたものでもないことが分かって
きます。


そして「人の目ばかりを気にして生きる自分、
欠点の多い自分であっても、 大自然から生か
されている尊い存在なのだ」という自覚が芽生

えてきて、 いつの間にか自分を受け入れること
ができ、自分自身と仲よしになっていくこと
でしょう。


セルフイメージを高める一番の方法は、このよう
に人間は大自然によって生かされていることを
実感し、それに感謝することです。 人間を
生かしてくれるのは大自然だけではありません。


親や学校の先生、友人、隣近所の人たち、職場の
上司や同僚など 多くの人たちの支えがなくては、
私たちは生きていくことができません。


自分に愛情を注ぎ、育ててくれようとした人たち
に思いを馳せてみることも自己肯定に繋がります。

★(本記事は『致知』2018年2月号
連載「人生を照らす言葉」より一部を
抜粋・編集したものです)

致知出版社の人間力メルマガ

  今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください