自分の機嫌がよくないと感じたら.即座に呼吸を整える.体を動かす 第 2,344 号

連載「20代をどう生きるか」に
ご登場いただいた書家・武田双雲さんが
実践しているという、
人生をよき方向へと導く
「心のチューニング法」をご紹介します。

───────────────────

〈武田〉
書道は書き手の中だけで完結するものではなく、
見てくださった方から様々な反応を
いただけるところに面白さがあります。

先日開いた個展では、
スイス人の方が私の字に大変感動してくださり、
漢字も知らない外国の方に
いったい何が伝わっているのか、
人が感動するとはどういうことなのか、
深く考えさせられました。

日頃から感じているのは、
発表した作品は、文字の形だけでなく、
その奥にある自分の普段の生活も
すべて見られていること。
いくら表面だけ取り繕っても、
嘘は絶対にばれてしまう恐ろしさです。

そのことを踏まえて、
私が筆を執る時に常に心懸けているのは、
エネルギーが綺麗かどうかということ。
邪念がなく、心が整った状態で書くことです

といっても、イベントなど多くの方の前で
書かせていただく機会も多いため、書く前に
慌てて心を整えるのでは間に合いません。
平素から心を整えておくこと、
チューニングしておくことがとても大事です。

私も人間ですから、ネガティブな
気持ちになることはよくあります。
けれども、その時間が少しでも
短くなるよう努めています。
ネガティブな感情は、引きずると
チューニングが難しくなるので、すぐに
応急処置をするよう心懸けているのです。

例えば、自宅で皿を洗おうとした時に、
心が乱れているのを感じたら、
いったんスポンジを戻して一からやり直す。
乱暴にドアを閉めたら
「すみませんでした」と丁寧に閉め直す。
自分の機嫌がよくないと感じたら、
即座に呼吸を整える、姿勢を整える、
体を動かす、マッサージをする、
歌う、言葉を換える、休憩する、
寝るなど、あらゆる方法を総動員して
心のチューニングを図っています。

いまは多くの人が心のチューニングを
しないまま活動をしているため、
あちこちで不協和音が起き、悩みや問題を
抱えてしまっているように感じます。

私はゲーム感覚で楽しみながら
この心の修行を徹底して重ねるうちに、
日常の当たり前に思われるようなことにも
感謝できるようになり、
いまでは周りの人が戸惑うくらいの
「感謝オタク」になりました。

以前読んだ本で……

※この続きは最新号2月号でご覧ください!

致知出版社の人間力メルマガ

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください