稼ぐ力を示すのが経常利益.プラスであり.伸びていることが大切 第 2,205 号

 どこから、どのようにお金を手に入れて、その

お金をどのように使い、そして、どんな形で

会社に残っているか、お金の流れから

会社の姿が見えてくる!

 「なぜ太平洋戦争が始まったか」という

質問に対して多くの人がいろいろな立場

で意見をおっしゃっている。会計士の

立場で個人的な見解を申し上げる

なら、「石油を止められたから」

という理由のほかに、「それ

以前から慢性的に続いて

いた陸軍と海軍の予算分捕り

合戦と、それに伴う政治的混乱」

も大きな要因の一つであったと思う。

 予算はとても重要だ。国政にも、金はかかる。

家計だろうと企業だろうと国家だろうと、

その命運を握っているのは、詰まる

ところ「兵糧」だ。つまり

「モノ」「カネ」だ。

 手持ちのお金をいかに配分し、どこで回収

するかといった絵図面をきちんと描けるか

どうか。それが会計センスがあるか

ないかの分かれ目になる。

 会計とは、つまるところ次の2つの

局面で生かす技術だ。

1.予算の作成。

(事業のスタートからゴールまでの資金配分)

2.実績の集計と分析

(決算)

 国家も企業も家計の運営も、

1.予算

2.決算

3.次の予算

4.次の決算

 の繰り返しのなかで延々と続いて

いく営みなのだ。

 決算がわかれば、そのノウハウを予算の作成

に生かすことができる。だから会計知識で

ある、決算の知識と決算書を読む技術

は、社会人はもちろん、次の日本

を背負っていく若者や子ども

たちにも、「生きるため

の知のインフラ」と

してぜひ等しく身につけていただきたと願う。

 企業分析の9割は、バランスシートと損益計算

書をみることでカバーできる。残りの1割を

補完的にキャッシュフロー計算書で確認し、

不正や資金繰り破綻のサインを見つけ

られれば、さらに万全だ。

 ヤフーの決算書。注目すべきは

利益率の高さ。

 売掛金による後払い分があれば、

営業収入はダウンする。

 税金や利息の支払も営業活動の1つ。

 総合的な稼ぐ力を示すのが経常利益。

プラスなのはもちろん、伸びて

いることが大切。

 鉄道業の資産の9割は固定資産である。

 資産のだんご3兄弟。「カネ・モノ・ケンリ」

という資産の循環がある。

 柴山政行『決算書の読み方』

  の詳細,amazon購入はこちら ⇓

   https://amzn.to/3Aq5I3S

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください