ムリはするがムチャはしないという合理精神 第 2,114 号

 あなたが何も持っていないのなら小学校を

3か月で中退したエジソンに学べ!

 エジソンほど、才能の開花にどれだけの「勤

勉さ」が必要で、成功するにはどれだけの

努力が必要かを教えてくれる人物はい

ない。彼の言葉は、「勤勉」や

「努力」を「ダサい」と敬遠

している日本人の若者へ、強力な

メッセージとなる。「結果の出ない努力」

ではなく、「結果の出る努力」への道筋を学ぼう!

 エジソンはメディアの力をよく知っていた。

 白熱電灯の事業化でも、巧みに演出した公開

実験や突拍子もない事業計画などで、新聞

記者たちを絶えず驚かせている。

 彼らの書く記事によって、エジソンという

ブランドが急速に確立していった。

 エジソンは睡眠を極限まで削り、1日に

18時間も仕事に没頭している。

 30歳からのわずか3年ほどで、「電話機」(特

許取得はベル)、「蓄音機」、「白熱電灯」

と、二十世紀を形づくる大発明ができた

のは、空前絶後の集中労働のたまものだった。

 その一方で、食事や研究環境には

細かく気を配っている。

 ムリはするがムチャはしないという合理精神

あってこそのハードワークだったのだ。

 エジソンは米国起業精神の

源流だといっていい。

 起業で成功するには、好奇心、商才、失敗力、

事業化する力、ハードワーク、ビジョン、プ

レゼンテーション力、健康、闘争心など、

さまざまな条件があげられる。

エジソンは、それらのすべてで卓越していた。

 彼の精神は、アップルのスティーブ・ジョブズ、

マイクロソフトのビル・ゲイツ、アマゾンの

ジェフ・ベゾス、テスラ・モーターズの

イーロン・マスクといった現代の起業

成功者たちにも脈々と受け継がれている。

  桑原晃弥『トーマス・エジソン。神の仕事力』

  を読み解く (PHP新書)Amazon(アマ

   ゾン)https://amzn.to/30EA2Jh

 今回も最後までお読みくださり、

   ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください